Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« 今日もスパムの雨が降る | トップページ | わたしにできること »

2004/10/25

宇宙と地震

 中越の大地震で被災した皆さんにはお見舞い申し上げます。
 地震の前日、金曜日に発売された写真雑誌フライデーに、偶然こんな記事が載っていた。
「太陽黒点の数が極端に減る極小期という時期には、過去、大きな地震が起こっている。今、また極小期に向かいつつあるので、ここ数年は注意した方がいい。」極小期には、太陽からの電磁場とかが増えて、地球に影響を与えるとか、そんな内容だった。なんか、いきなり当たっちゃったみたいなんですけれども…。まあ、立ち読みしただけだし、こういうのは結構こじつけて書かれることも多いとは思うんだけどね。
 ともあれ、宇宙での、太陽や他の惑星の活動が地球や人間に影響を与えているというのは本当らしい。有名なところでは、潮の満ち干なんていうのは、月の引力が関係しているっていうよね。女性の月経も月の引力が関係しているなんて話も聞いたことある。
 NHKスペシャルの「宇宙」っていうので以前やってたんだけど、太陽自体も木星の引力の影響を受けてて、いく〜らか公転みたいな運動をしているのだそうだ。いくら大きさや引力が大きいとはいえ、バカみたいに離れたところにある太陽と木星が互いに影響しあっているってのも、考えてみればすごい話だよね。当然、そのさらに外にある冥王星や彗星の巣なんてところにある天体までも太陽の支配下に置かれてたりするわけだし。
 そんな遠くの天体に影響を与えることができるなら、近くにある地球の地震活動に影響を与えるなんて、朝メシ前だろう。まあ、太陽はメシ食わんが。
 いえね、あたくし宇宙のこととか好きなんだけど、こうしてあらためて宇宙と人間生活との関係を考えてみると、やっぱりなんですな、我々は宇宙の中の星に住んでるんだな…と実感するじゃありませんか。普段、宇宙での出来事なんて気にもかけない人がほとんどなわけだけど、しっかりと生活に影響を与えているわけだね。おそろしやおそろしや。

« 今日もスパムの雨が降る | トップページ | わたしにできること »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

その太陽でさえ、大宇宙の中ではけし粒にも満たないようなサイズなんですよね。オリオン座のベテルギウスとか、くじら座のミラとかは太陽の何千倍もあるようです。
想像しただけでおっかなくなります。

>地球がすっぽり入っちゃうんですよね
えええぇぇぇぇぇΣ(・Д・ノ)ノ
でっかいですね!!

まだ雲との因果関係が立証されてませんからねー。

そういえば黒点って、あんなんでも地球がすっぽり入っちゃうんですよね。おそろしや。

インスパイアされてw記事をのせてみましたノ(´д`*)
地震雲じたいあるのかどうか不明といったかんじでしょうかね^^;
晴天よりも雲がある方が楽しいですよねw

地震雲って実は気象衛星から見ないとわからないくらい大きい物だという話もあります。
だから多分俺なんかが「これって地震雲!?」ってビクビクしてたのはただの変な雲だったんだと思います。
でも雲って楽しいですよね。いろんな形になるし、きれいだし。ここ数年、雲ウォッチャーやってます(笑)

夕日になると光もそんなに強くないので黒点が見えるときがありますよ^^
雅さんの地震雲も気になったんだけど、今日夕焼けの空の雲の中に一つかわった雲を発見しました
それって地震雲?? (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

まあ過去の統計だとそうなるってフライデーに書いてあっただけなんで、科学的な裏付けはあんまりないと思いますけどね。
そういえば、一時期すごく地震が多かったんだけど、最近あんまり関東の方は地震がないです。
地震のエネルギーを放出してしまったせいなのか、それともこれからでかいのがくるのか…。
黒点って、夕日を見て分かります?(^^;)

太陽の黒点が減ったら地震が起こりやすいんですか?!Σ(・Д・ノ)ノ
私は増えると地震が起こると覚えていました><
なので夕日をみては黒点見えないから大丈夫
なんていってたりしてました^^;
でも、その後あっちこっちに太陽が見える。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/1766606

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙と地震:

« 今日もスパムの雨が降る | トップページ | わたしにできること »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31