Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« 正月終わる | トップページ | メソメソしてばかりもいられない »

2005/01/06

都落ち & 焼き鳥屋のケーシー高峰

 気分的にはもう都落ち決定!(都落ちって言葉の使い方合ってるだろうか?) もう腹くくりました。今日も派遣会社の担当さんに、そろそろ田舎に帰らないと行けないかも…という話をする。うちの地元でも営業してるらしいんで、少しお世話になるかも。でも、将来の結婚とかを考えると再就職の方がいいだろうか。
「金儲けのために生まれたんじゃないぜ〜。貧乏でもいいじゃない、最低限食べて暮らしてさえいければ。一緒に働きましょ」なんてロケンローで奇特なカミさんならいいけど、そういう人はほとんどいないだろうしなあ。自分一人だったら年金が出るまで一生派遣社員生活でもいいと思ってたけど(だって時間が自由になるし楽なんだもん)、周りのことを考えるとそうもいかない。周りに合わせて自我を抑えることだって大切だ。まあ、まだどうするかなんて細かいとこは決めてないけどね。
 少なくとも、田舎に帰ろうが結婚しようが、音楽は続けるし、中国武術も続けるのだ。東京なんて近いから、時々東京でライブしたりするのもそんなに大変じゃなかろう。週一だったら武術も習いに行けるだろう。
 問題は実を言うとそんなことじゃないのだ。栃木県というところはイメージ的に保守的なのだ。別に政治の話じゃないよ。何かを新しく打ち立ててやろう、やってやろうっていう感じがあまり見られないのだ。やっぱりそこは東京ってのはすごいよ。良くも悪くも欲望渦巻く街って感じで。で、宇都宮に帰って、親元に住んだら、俺の中からそういうラジカルなロックな感じが消えていってしまうんじゃないかと、それが一番の危惧するところなのだ。定期的に外的刺激を受けないと、ただの田舎のおっさんになってしまうんじゃないか…と、それがとてつもなく怖いのだ。数年後にこのblogに、「あの頃はそう思ってたけどさあ。しょうがないよねぇ〜。ロックも武術もやめちゃったけど、落ち着いてていい暮らしだよ」なんて書くのは嫌なのだ。せめて地元のライブハウスは足しげく通うようにしようかな。刺激を、もっと刺激を!

 話は変わって、今週末、友達と新年会を兼ねたバンド遊びをするのだ。それの練習で年末はスタジオで個人練習をしてきたのだが、今日はスタジオが取れなかったので、いつものカラオケ屋さんにiPodを持ち込んでそれで練習してきた。
 それはまあいいのだが、いつも腹ごしらえをしているスーパーの前の焼き鳥屋台で食っていたら、別のお客(二人組のおっさん)が数本ごとに細かく注文しちゃ食べ、注文しちゃ食べしているのに対し、店のオヤジ(ケーシー高峰似)が「全部まとめて注文したらいいじゃないか! なんべんもなんべんもなんべんもなんべんも、いちいちめんどくさいんだよ!」と怒鳴っていた。そりゃ大変なのはわかるが、それって客に向かって言う言葉か?
「大変だからまとめて注文してくださいよ〜(苦笑)」と言うのならわかるが、そんな嫌味な言い方をするとは何事か。ひじょーにいや〜な気分になった。もうそこの焼き鳥屋は利用してやんない!
 それに対して客の方は、何も言い返さず、店頭でもしゃもしゃと食っていた。日本人のようでもあり、中国系のようにも見える顔立ちだったので、国籍差別のような気もして、よけいにいや〜な気分だった。

« 正月終わる | トップページ | メソメソしてばかりもいられない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/2492552

この記事へのトラックバック一覧です: 都落ち & 焼き鳥屋のケーシー高峰:

« 正月終わる | トップページ | メソメソしてばかりもいられない »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30