« 欽ちゃんは好きになれない | トップページ | あなたのことが好きです »

2005/09/13

問題ある選挙終わる

 衆議院選挙が終わり、自民党が歴史的大勝をした。自民批判ばかりで具体的な対案を打ち出せなかった民主党を初めとした野党のだらしなさを攻める声が大きいが、各党の得票率を見ると、自民は民主の1.3倍程度しかないのだそうだ。
 しかしこれだけの大差がついてしまったのは、やはり小選挙区制の弊害だろう。どんなに得票率が競っていても1位の候補しか当選できないのだから、全国で見ると一番人気の政党の候補者ばかりになってしまうのだ。
 これだけ偏った結果になるのは、民主主義国家として大問題だ。多数決もいいが、二番目、三番目の意見が無視されてしまうような選挙制度は早くやめるべきだ。そもそも小選挙区制度自体、自民党が議席確保のために作り出した制度だ。選挙制度の歴史を見ても、与党の有利になるように制度変更されたことが何度もある。
 民主主義とは決して多数決などではなく、国民の様々な意見をすくいあげることではないのか。
 いやね、べつに民主党支持ってわけじゃないんだけどさ、得票率と獲得議席数にこれだけの差が出てしまうっていうのは、政治のあり方としておかしいよね。

 ところで、自民党の東京の比例代表名簿27位に名前を貸した早稲田のスーパーの店長さんだかが、今度の自民大勝の波に乗っかって当選してしまったようだ。当選するわけないと思って、名前貸しだけで選挙運動もろくにしなかった人が当選しちゃうのってどうよ?

 小泉首相が来年9月で首相の座を降りるというので、早くも次期首相をにらんだ閣僚人事がささやかれている。安倍晋三、福田康夫といった人達の名前が挙がっているが、なんかどの人も日本の右傾化を進めそうでやだなあ。
 やっぱりここはひとつ、もう一度森喜朗を首相にして自民の人気を再び下げ、野党に政権交代してもらいたいものだ(笑)。そうして二大政党制を実現し、互いの党の競争原理で日本を良くしていって欲しい。

« 欽ちゃんは好きになれない | トップページ | あなたのことが好きです »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 問題ある選挙終わる:

« 欽ちゃんは好きになれない | トップページ | あなたのことが好きです »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31