Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« 恐怖の夜 | トップページ | バカ過ぎ »

2006/10/14

メイド萌え〜

思い出したのだが、うちの母親(73)は昔メイドだったのだ。終戦後、アメリカ人(おそらくは軍人じゃないかと思うのだが)の家に住み込みで働いていたのだ。いわゆるメイド服は着てなかったと思うけどさ。
そんな母と結婚した父は、ひょっとしたら元祖“メイド萌え〜”だったんではないだろうか!? いやメイド辞めてそうとうたってから見合い結婚したんだけどさ。
そんな二人の息子である俺には、きっとメイドの血とメイド萌え〜の血が受け継がれていると思うのだが、あんまりそういうことはないですなあ。

« 恐怖の夜 | トップページ | バカ過ぎ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やはり一度はメイド服って着てみたいものですか?(笑)
メイド喫茶も社会見学としては一度行ってみたいんですが、まだちょっと抵抗ありますネー。
メイド服を着てお出迎えしてくれる彼女でも作った方がいいでしょうか(笑)

サルまん復刻版ちょっと高いんですよね。売れないと思われて印刷部数減らされたせいだそうです。無理ないように、一冊ずつどうぞ(^^;)

お母さん(〃▽〃)モエ
そんな純血メイドの家柄なのにもったいないですお。・゚・(ノ∀`)・゚・。
終戦後というとスカートも長めのような予感
エマの着てるメイド服は一度は着てみたい一品w
あれなら少々年をとっても着てもおkだし
おばあちゃんになったら「ばあや」と呼んでくれるベルサイユのこのえ(漢字が・・・)隊長なんてやってるようなお屋敷で働かせてもらおうかな♪

さるまんありました!
でも上下に分かれてました1冊1600円くらいだったかな・・・
給料日前だったのであきらめました><

雅さんのルーツはそっち方面でしたか~。
なんだか、少々笑いがこぼれてしまいました。
私もメイド服を着せていただけるなら、どこかで、
「お帰りなさいませ~~♪」とやってみたい口ですが・・。
いらんわな(×_×)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/12272651

この記事へのトラックバック一覧です: メイド萌え〜:

« 恐怖の夜 | トップページ | バカ過ぎ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30