« アクセス解析から | トップページ | UFO事件簿更新/ビリー・マイヤー »

2007/05/28

卑怯者の死

自殺した松岡利勝農相は卑怯者である。
なんとか還元水問題や、談合に関する収賄の件の説明責任を果たさず、自殺という方法で逃げてしまったからだ。
不況などによって塗炭の苦しみを味わっている国民を尻目に、税金を着服して私腹を肥やした末の出来事であるから、罰が当たったとも言えよう。

それはそれとして、こうした問題を追及する時、自殺などの最悪のケースに至らないように、容疑を厳しく追求するばかりでなく、少しばかり逃げ道のようなものを用意できないものだろうか。
追及する側が、足を引っ張ってやろう、議員を辞めさせてやろうということまずありきで追求してるから、余計に態度を硬化させてしまうんじゃないだろうか。
不正を追求するのは結構なんだけど、硬軟織り交ぜた上手な追求の仕方をして欲しいものだ。
そして罪を認め、罰を受けた者には汚名返上の機会を与えてあげて欲しい。

« アクセス解析から | トップページ | UFO事件簿更新/ビリー・マイヤー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

日本の場合(と言っちゃなんですが)、巨大な闇に見えても、ただのはした利権にしがみついてるだけのように思えます。
せいぜい賄賂や裏金で潤っている今の生活レベルを下げたくないとか、愛人に別荘を買ってあげなきゃいけないからもうしばらく金がいるとか、そんな極めてせこい話のような気がしてなりません。

とてもとてもアメリカなどのように、レティクル座の宇宙人と密約を結んでそのテクノロジーを教わり、それを利用して世界を裏側から牛耳ろうとするために、火星に宇宙人との秘密の友好施設を建設しなければいけないから金がいる…というようなレベルの話ではないと思われます。(←またその手の話かー!)

冗談はとにかく、国民のために全然ならない選挙のために金がいり、それを捻出するために不正をするといったくだらないことが原因で命を落とすなんて馬鹿げてます。もしそれが背後にいる黒幕を守るためならなおさら。
松岡さんだって、金儲けのために政治家や前身の官僚を志したんじゃあるまいし。出世ばかりを考えているうちに、いつしか赤く染まっちゃったんでしょうね。

>自分の党がつぶれても、日本の社会全体が良くなればいい…

いや全くそのとおりですね。
しかし、二人とも自殺でしょ?
いったい裏にどれだけ巨大な闇があるんでしょうか?

この問題に絡んだ緑資源機構の前身の会社のキーパーソンも自殺しましたね。
責任を感じて死んだのか、それとも誰かからの圧力で実質的に殺されたのか。
いくらお金を稼いでいても、そんなことで死んでいたんじゃ意味がありません。

話すなと言われてたというのも、選挙で自民党が負けないためなんですよね。決して国民のためじゃない。
自民が負けない=国民のためになる なんて、誰も思ってませんもんね。
自分の党がつぶれても、日本の社会全体が良くなればいい…なんて考える政治家はいないんでしょうか。

マスコミからの情報なので
どんなものだったのかは解りかねますが
還元水問題とかについては
上から話すなと言われてたようですね・・・

大臣様などの政治関係者のうえに居るヒトって
いったいどんなヒトなんでしょうね

そういったことも含めて
全てを国民が知ることが出来ないと
日本の政治って変わらないんでしょうね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卑怯者の死:

» ナントカ還元水、最後まで説明責任拒否。 [ファイアーボール・サクセション]
政治の世界の水は濁りに濁っています。 その濁った水を綺麗にする一番手がこの松岡利勝であります。 1990年、選挙前の松岡農林水産大臣の言葉だ。 国民の代表である国会議員。 ましてや現職の大臣といえば実際国を動かしている人物だ。 議員会館の事務所費問題 ...... [続きを読む]

« アクセス解析から | トップページ | UFO事件簿更新/ビリー・マイヤー »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31