« 二日間 | トップページ | 隠し部屋のある社長室 »

2007/10/31

防衛省、ガンダムを開発中!?

Yahoo! ニュースより引用。

上の資料は、11月7日から2日間にわたって防衛省技術研究本部が行う「平成19年度研究発表会〜防衛技術シンポジウム2007〜」に実際に載っていたものです。確かに「ガンダムの実現に向けて」と書いてあります。

「ガンダムの実現に向けて」の後ろに(先進個人装備システム)とありますねえ。巨大ロボというよりも、むしろボトムズ、モスピーダ、メガゾーン23、スパイダーマン2のオクタビアスのようなパワードスーツ系なのでしょうか?
パワードスーツなら、既に医療分野やアカデミックな研究で実現されつつありますものね。いろいろと楽しみな世の中になってきました。


防衛省の中にも根強いガンダムファンがいるんであろう。そしてつい茶目っ気を出して、ロボット型兵器の例えとしてガンダムという名前を使ったのであろう。
それはともかくとして、このニュースにガンダム好きが食いつかないはずがない。いくつかの掲示板を見たが、すでにいろいろと書き込みがされている。
その内容はともかくとして(ともかくばっかりだな)、なんでそんなにみんなガンダムが好きなんだろ? たしかにファーストガンダムはロボットアニメの中じゃストーリーがよくできてると思うよ。大人っぽい雰囲気とかもあったし。
でも二十歳過ぎたいい歳した大人が、いまだにガンダムガンダム言ってるのはどうかと思うんだけどなあ。好きなのはいいけど、もうちょっと大人らしく一歩引いて立場から見るとかさ。
おいらにはどうも理解できない感性であります。

俺の回答? もちろん「いい加減卒業しなさい」です。

« 二日間 | トップページ | 隠し部屋のある社長室 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ナイケルさんのように、ファーストガンダムさえ見たことないというのは、ある意味貴重な存在かも知れません。あんまりマンガとかも見ませんでした?

ファーストガンダムは、マジンガーZみたいに最後に敵のロボットが爆発して終わる一話完結ものと違い、独立戦争をしかける相手とそれを阻止する地球連邦軍という子供向けらしからぬ設定と、人間模様が魅力…だと思います。あんまり力入れて見てたわけじゃないですが。
あと、いろんな種類のロボット(モビルスーツと呼ばれている)が子供心を刺激して良かったのかもしれませんね。零戦とか隼、大和や長門なんていういろんな種類の兵器に憧れたりしますからね、子供は(大人も)。

で、ファースト以降と言うか、それ以外のガンダムはちーとも見てなかったんで俺も全然わかりません。名前だけはネットとかで聞いたことありますけどね。Z(ゼータ)とか、ZZ(ダブルゼータ)とか、∀(ターンエー)とか……。
シリーズ物として見てた人も多いんでしょうけど、ウルトラマンシリーズなんかがそうであったように、後の作品になると初期のシンプルさが失われて、あんまり面白い作品じゃなかったんじゃないかなーと思います。

災害時に限りませんが、パワードスーツはもうすでに作られてますね。サイバーダイン社のHALっていうロボットスーツ。
http://www.cyberdyne.jp/
今のところ福祉用らしいですが、着ることで、重たい物でも楽に持ち上げることができます。

ガンダムはあれこれといっぱい種類があるので、何がなにやら・・・
最初のはしっかり見ているんですけど。
表現なんてどうでもいいから、
災害の時のために、力が出せるヨロイカブトみたいの、さっさと、開発してほしいです♪

まあ、ここまで支持されるということは魅力的な何かがあるのでしょう。
ちなみに、ガンダムを見たことがなく、何のことかちんぷんかんぷんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防衛省、ガンダムを開発中!?:

« 二日間 | トップページ | 隠し部屋のある社長室 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31