Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« 千と千尋の神隠し | トップページ | 土星 »

2009/06/06

Mac(BootCamp)からStarBook typeSのアップデートができた

SbsVixenの天体望遠鏡GP2-R130Sf SBSの自動導入機能であるStarBook typeS(SBS)のファームウェアはWindow経由でネットからアップデートできるのだが、以前自分のMacBookのParallels経由およびBootCampのWindowsXPでやってみてうまくいかなかった。
アップデータを動かすと「STARBOOKが接続されていません」といったようなメッセージが出てしまうのだ。
ParallelsおよびBootCamp上で動かしているOSはWindowsXPだが、やはり正規のWindowsPCとは違うせいなのかと思いなかばあきらめていたのだが、そろそろSBSの保障期間が過ぎることもあり、最後にもう一度試してみたのだ。

その結果、BootCampを使って無事に購入時のファームウェアVer1.3から2.1へアップデートすることができた。
WindowsXPのコントロールパネルの「ローカルエリア接続3」の表示が「接続状態:限定または接続なし」という表示だったので不安だったが、うまくいってくれて助かった。
以前うまくいかなかったのはもしかしたらLANケーブル(クロスケーブルを使う)とSBSの端子の接触の問題やSBSとMacの起動順番に問題があったのかもしれない。(Vixenのページによると、SBSとパソコンをクロスケーブルで接続後、SBS⇒パソコンの順に起動するようにとある)

Parallelsのほうでも確認してみたが、コントロールパネルのLAN接続の表示は同じ「接続状態:限定または接続なし」だが、ParallelsがエミュレートするLANポートを一度経由しているためなのか、SBSの正しいIPアドレスを取得してくれない。ParallelsやMacOSX側のネットワーク設定で対処できるのかはわからないが、これ以上は知識がないので触らないことにする。

ともあれアップデートができてよかった。アライメントや導入をした時に位置がずれてしまうバグがあったので、それが直ってくれているといいのだが。液晶のバックライトを数秒後に消すように設定しても消えてくれないバグは直ってないような…。

« 千と千尋の神隠し | トップページ | 土星 »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/45257527

この記事へのトラックバック一覧です: Mac(BootCamp)からStarBook typeSのアップデートができた:

« 千と千尋の神隠し | トップページ | 土星 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31