Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« 星の写真の合成 | トップページ | ベテルギウス謎の縮小 »

2009/06/13

R130Sf光軸調整

注文しておいたレーザーコリメーターが届いたので、さっそくR130Sfの光軸調整をしてみた。
090613koujiku01_2090613koujiku02_2
090613koujiku03_2
090613koujiku04_2
090613koujiku05_2
090613koujiku06_2
090613koujiku07_2
090613koujiku08_2
090613koujiku09
090613koujiku10_2
090613koujiku11_2
090613koujiku12_2
090613koujiku13_2
090613koujiku14_2
090613koujiku15_2


水洗いは水を流しながらやわらかいタオルでそっと洗った。しかしなかなか取れない汚れがあったので、食器用洗剤を付けて洗ったところ落ちてくれた。
自然乾燥させたり、タオルでそっと拭いても水玉のあとがついてしまうので、水を切った後にティッシュをのせて水分を取った。

最初はコリメーターだけで光軸を合わせてみたが、ドローチューブ、斜鏡、主鏡がちゃんと同心円を描いて見えてくれず、斜鏡のスパイダーもちゃんと中心を通ってくれなかった。それを合わせるのに一番手間取った。
R130Sfみたいに明るい望遠鏡の場合、完全に同心円にするより少しだけ斜鏡の位置を鏡筒口側にずらしたほうがいいんだってね。斜鏡の鏡筒口側は接眼部に近いから、見かけ上大きく見えちゃうからなんだって。実際に見てみておかしいようだったら調整する。

レーザーの光がちゃんと主鏡の中心を通って戻ってきても、ドローチューブを伸び縮みするとチューブの重さで光軸が外れてしまうのには閉口。安物のプラスチック製の部品だからやむを得ないのか。そりゃあ重たいカメラなんか付けたら光軸ずれちゃうさ。金属製の部品に交換できないものだろうか。

初めてということもあり、4時間近くTry & Errorを繰り返しながら調整をした。一応、理論上はこれで光軸が合っているはずだが、実際に星を見てみるまでは安心できない。どうせカメラを接続すると重さでずれちゃうんだろうけどね…orz
まあいいや、これも勉強。

« 星の写真の合成 | トップページ | ベテルギウス謎の縮小 »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/45331011

この記事へのトラックバック一覧です: R130Sf光軸調整:

« 星の写真の合成 | トップページ | ベテルギウス謎の縮小 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30