« 油膜のギラギラ危険です | トップページ | MacのTime Machine »

2009/11/30

内藤王座転落

昨日おこなわれたWBC世界フライ級タイトルマッチで、王者内藤が亀田に判定負けで王座を失ってしまった。
内藤を応援してただけに非常に残念だ。

内藤は序盤から積極的に打ち合いに行ったんだけど、なかなかクリーンヒットが得られず、逆に亀田から反撃される結果となってしまった。
積極的に攻めたのは良かったんだけど、ちょっと不用意に打ち合い過ぎたんじゃないかという気がした。

亀田なんて嫌いだけど、この試合では彼のほうが冷静な試合運びで、的確なヒットを出していたと思う。
手数に勝る内藤のほうがポイントが高いはずだという意見もネット上で散見されたが、亀田もそんなに消極的じゃなかったし、やはり有効打は亀田のほうが多かったように思う。
やっぱり試合後の両者の顔に結果が表れていた。亀田がきれいな顔してたのに、内藤は腫れ上がってボロボロだったもんね。亀田によるバッティングもあったようだが、それだけではなかったし。

内藤の敗戦は非常に残念なのだが、敗北は敗北として認めなければなるまい。
亀田についてはアンチ亀田から悪い噂も立てられているが、現時点では確認できることではないので、ここでは語らない。

内藤の母親は引退を勧め、奥さんは現役続行を勧められているらしい。どちらを選ぶかは本人次第だけど、もう一度チャンピオンに返り咲いた勇姿を見てみたい気もする。
よく頑張ったもんな。

とにかく、くやしいですなあ!

« 油膜のギラギラ危険です | トップページ | MacのTime Machine »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

和田さん
視聴率が良かったのは内藤に叩きのめして欲しいという悪役人気からですね。
悪役人気も結構なんですが、亀田の場合、TBSなどの大きな組織に守られた上で、他の真面目なボクサー達をコケにして金だけ儲けてるような卑怯なやりかたなので、才能として褒められるような類いのものではないと思います。
本人よりもオヤジやTBSなんかが悪いのはもちろんですが。

良い試合でしたね。
お互いがベストコンディションであることがひしひしと伝わる緊張感がありました。
亀田は、若いだけに進化していました。
視聴率やネットでの盛り上がりを見ると、
亀田には、アスリートとしてだけでは無い才能を感じますね。

Replyさん、マイトさん
「正義は必ず勝つ!」ということであって欲しいんですけど、残念ながら現実はそうとばかりいかないのが悔しいですね。
内藤も、途中からでも戦法を少し変えていれば…という気もしましたが、後の祭り。

亀1はともかくも、またあのクソ親父が偉そうな顔して出しゃばってくるのかと思うと、これが一番腹立ちますね。

これらの怒りをバネに我々は明日を生きましょう。

ウチでもうpしようと思ったんですが、みやびさんとほとんど同じ感想なのでもういいや。

内藤はちょっと正面に立ちすぎましたね~
少なくとも今の段階では、内藤より亀1の方が強いということは間違いないでしょう。

>亀田から悪い噂も立てられているが、現時点では確認できることではないので、

まあ、内藤の顔の腫れかたが尋常じゃないですからね~

いやぁ、別に内藤選手がポンサクやパッキャオに負けるのなら諦めもつくんですがなんといっても、あの一家に負けたのは本当にくやしいです。

僕も同じような気持ちです。本当に悔しい。亀田興毅に初黒星を内藤大助の拳でつけてほしかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内藤王座転落:

« 油膜のギラギラ危険です | トップページ | MacのTime Machine »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31