Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« MacBook修理から返ってくる | トップページ | 内藤王座転落 »

2009/11/28

油膜のギラギラ危険です

車の窓に水あかだか油膜だかがこびりついて洗っても落ちず、雨の日に対向車のライトを受けるとギラついて視界が悪くなり、とっても危険だった。

〽油膜のギラギラ危険です〜
でおなじみのクリンビューで拭いたりもしたけど、完全に取ることはできなかった。

そこでホームセンター・カンセキで油膜取りを買って試してみた。
これも完全じゃないと思うけど、だいぶ落ちたんじゃないかと思う。

油膜なのか水あかなのかわからないけど、なんで付いちゃうんだろうね。ワックスかとも考えたけど、うちの車、一度だってワックスなんて付けたことない。

後は雨の日に試運転してみよう。

« MacBook修理から返ってくる | トップページ | 内藤王座転落 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なるほど、空気中の汚れが原因だったんですね。

道路を普通に走っていると、色んなものが付くみたいっすよ。
ひどい燃料のトラックの後ろなんて走っていると、ベトベトになるとか。
2ストのバイクの後ろ走っていると、排気の油つくしね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/46880930

この記事へのトラックバック一覧です: 油膜のギラギラ危険です:

« MacBook修理から返ってくる | トップページ | 内藤王座転落 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30