Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« ベテルギウスに爆発の兆候 大きさ急減、表面でこぼこ - サイエンス | トップページ | 喉頭乳頭腫復活の兆し »

2010/01/11

オリオン座と火星

今夜は久しぶりに望遠鏡をかつぎ出し、ちょっとの間だけだったけど星を見た。

100111orion_2

爆発寸前で「辛抱たまらん!」状態のベテルギウスがあるオリオン座。

100111mars_2

今日UFO事件簿用に半日かけていろいろ調べてた火星
望遠鏡で見ると、直径があることはわかるけど、さすがに模様までは見えない。
輪郭もぼやけて見えてたのは、アイピースが息で曇ってたせい、鏡筒の温度順応をやらなかったせい、空の状態のせいのいずれかかも知れない。夏に見た木星はもっとくっきり見えたもんね。
この写真は望遠鏡を通さずに一眼レフでそのまま撮ったもの。

UFO事件簿のほうは、火星とフォボスのモノリスの写真のオリジナルデータを探したりした。
まだちょっと書きかけ。

« ベテルギウスに爆発の兆候 大きさ急減、表面でこぼこ - サイエンス | トップページ | 喉頭乳頭腫復活の兆し »

自然・宇宙」カテゴリの記事

超常現象」カテゴリの記事

コメント

星にも寿命がありますから、いずれは文字どおり星くずになっちゃうんでしょうねぇ。
超新星爆発後はカニ星雲みたいになって、第二オリオン星雲とか、ベテルギウス星雲なんて呼ばれるようになるのでありんしょう。
一番好きなベテルギウスがなくなっちゃうのは残念ですが、昼でも光って見えるのを是非見てみたいです。

綺麗に光っているのに・・・爆発するんでしょうか?
それとも、もう爆発しちゃっているのかしら?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/47259366

この記事へのトラックバック一覧です: オリオン座と火星:

« ベテルギウスに爆発の兆候 大きさ急減、表面でこぼこ - サイエンス | トップページ | 喉頭乳頭腫復活の兆し »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31