Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« クラリオン星人とゼータ・レティキュリの争い! | トップページ | STAR BOOK-TypeSの不具合 »

2010/01/24

星をみる会/おうし座をさがそう

県の施設、「栃木県子ども総合科学館(現在「わくわくグランディ科学ランド」というなんだかな名前になっている)」で毎月やっている天文台の公開日に行ってきた。
正確には以前にも3回くらい行ったことあるんだけど、毎度曇りで室内でプラネタリウムを見るだけで、今日初めて75cm反射望遠鏡を覗くことができたのだ。

夜の7時にプラネタリウムに集合し、中で今回のテーマの「おうし座」について簡単に説明を受けた。
子連れの親子やカップルなど、100人以上はいたろうか。大人で一人で来てるのなんか俺一人なんじゃない? 気にしない気にしない。

その後屋上にある天文台に向かったんだけど、一度1階に降りてから階段を使って歩いて行くのな。4階分くらい登ったかな? エレベーターかなんかで行くのかと思ってたんでちょっと驚いた。若い人はいいけど、お年寄りとかにはきついね。お年寄りはいなかったけど。

屋上もそのまんま屋上って感じのところで、奥に行くと75cm反射があるドームがある。
予想ではドームの下の階あたりの室内で待って、説明を受けながら順番に見て行くのかと思ってたんだけど、みんな外で待ってる。まあ星見だから外に出るのは当たり前なんだけど、サイトの方に「当日は寒くないような服装で」とかなんとか注意書きがなかったんで、知らずに来た人は大変だったろうね。俺ももっと厚着で行けば良かった。

75cmの反射以外にも普通の望遠鏡や双眼鏡が5台くらい屋上に置かれてて、ボランティアの人たちがあちこちの天体を見せてくれた。
月、火星、オリオン星雲、ふたご座の散開星団M35、すばるなんかを見せてもらった。

架台につけられたでかい双眼鏡は両目で覗けるだけあって見やすいね。
それとは別に普通のタカハシの双眼鏡も使ったけど、これもとてもきれい。双眼鏡欲しくなったぞ。でも架台がないから手ぶれで星の細かいところを見るのはつらい。

ミードの20cmシュミットカセグレンでオリオン星雲とか見たんだけど、とっても解像度が高くて、びっくりするほどすっきりした見栄えだった。これがうちの13cmとの7cmの差なのかな? まあ単純に値段による性能の差かも知れないけど。とにかくうらやましかった。

機材はボランティアの人の持ち込みなのかな? タカハシだらけかと思ったけど、鏡筒はNikonのが多かったような。

月とかはもうちょっと高倍率だったほうが良くなかった? あとムーングラスが付いてたのかどうかわからないけど、半月程度でもかなりまぶしかった。

屈折で火星を見た。うちのR130Sfじゃほとんど点にしか見えなかったけど、屈折だと木星なみに面として見えた。うらやましす。惑星を見るにはもうちょっと焦点距離があったほうがいいのね。

かんじんの75cm反射のほうは、ピントが合ってなかったのか、ミードのより解像度が低く感じられたりして感動はいまひとつ。

望遠鏡は5台くらいあったけど、75cm反射を見るのには10分くらい並ばなきゃいけず、時間がちょっともったいなかった。映像をモニタでみんなで見られるようにすればいいんじゃないかと思った。75cmそのもののじゃなくても、横に付いてるサブの鏡筒の映像でもいいので。

ほかに気になったのは、「おうし座をさがそう」というテーマのわりに、あんまりおうし座関連を見なかったような。ヒヤデス星団とかカニ星雲とかも見たかったな。

子供が多いこともあり、待っている間、母親がウルトラマンの星がどうのこうのという話しもしていたので、オリオン座の三ツ星の近くにあると教えてあげたら「ほんとにあるんだ!」って驚いてた。M78星雲。本当の設定はM87だったんだけど。

望遠鏡で星を見て子供や大人が喜ぶなんて、見ててなかなか楽しげ。自分でも望遠鏡持ち込んで誰かに見せてあげたい気になる。

途中からだんだんと人が減ってきたんでどうしたのかと思ったら、自由解散で帰ってるのな。「これでおしまいでーす」とか言っていっせいに終わりにするのかと思ってた。俺はまたいつものように一番最後までいたけど(笑)。

受付のおねいさんがおきれいでした♪ 前に来たときもいたような気がした。こういうところで働くのは市の職員とかになればいいの? それとも命名権を買ったグランディ・ハウスから派遣されてるの? こういう仕事があったらやってみたいねぇ。多少給料安くてもいいから。

最後にアンケートを書いて、おねいさんから皆既日食の写真をもらってきた。
来月は「オリオン座をさがそう」だそうだ。忘れなかったらまた行こうかな。

« クラリオン星人とゼータ・レティキュリの争い! | トップページ | STAR BOOK-TypeSの不具合 »

旅行・地域」カテゴリの記事

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

星とかに興味がある人が集まるわけなので、なんとなく居心地はいいですね。
子連れで来てる人よりは多少なりとも知識があったりするので、優越感もありますし(笑)

いいな~♪
天文台が近くで、イベントがあると毎月楽しみですよね。
こちらは大きな科学館(中ノ島)がありますが、
ちょっと駅から離れているし・・・
でも、私も○○の会とかあったら、行ってみようかなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/47373539

この記事へのトラックバック一覧です: 星をみる会/おうし座をさがそう:

« クラリオン星人とゼータ・レティキュリの争い! | トップページ | STAR BOOK-TypeSの不具合 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31