Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« 彩雲 | トップページ | 雪が積もった。そしてカメラの傾きの話 »

2010/02/10

Mitaka Plus

今日は宇宙空間を飛び回るソフト(?)のMitaka Plusってのをインストールしてみた。100208mitakaplus1

元々東京天文台が開発したMitakaってオープンソースのソフトがあるんだけど、それの派生版、改良版がMitaka Plusだ。
MitakaはWindows版しかないが、Mitaka PlusはWindowsとMacと両方出ている。でもWindowsのほうがバージョンが進んでるんだけどね。

詳しくは「Macの肝/Mitaka Plusで宇宙の散歩」としてまとめたので見ていただきたい。

星座早見盤としての機能があるプラネタリウム・モードと、動き回るように表示倍率を変える宇宙空間モードの2種類がある。

宇宙空間モードの中心には必ずターゲットの星(たとえば地球)があり、それをズームインしたりズームアウトしたりして見える範囲を変更するというのが特徴。
ズームインしていけば最後必ずターゲットの星にたどり着けるので、迷子になることはないわけだ。

100208mitakaplus2

開発規模が違うためだろう、GoogleEarthのSky表示ほど多くの天体写真が使われているわけではない。表示の際、その都度サーバにアクセスするようなことはなく、基本はすでにダウンロードしてインストールされたデータを表示している。
もしかしたら追加データとして星雲や銀河の写真などがリリースされているかも知れないが、まだよくわかっていない。
表示される無数の星、銀河などの位置データはどれくらい正確なんだろうね。太陽系近辺のデータはかなり正確だろうと思う。そこはさすがに天文台の制作だからね。

宇宙空間を飛び回るというより、宇宙のスケールを感じるためのソフトと言ったほうが適当だろうか。
今後のバージョンアップによって、宇宙空間を実際に飛び回るような機能が付いたりするかも知れない。楽しみに待ちたい。

« 彩雲 | トップページ | 雪が積もった。そしてカメラの傾きの話 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/47527087

この記事へのトラックバック一覧です: Mitaka Plus:

« 彩雲 | トップページ | 雪が積もった。そしてカメラの傾きの話 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30