Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« auからの手紙 | トップページ | ハナタラシの砂の器 »

2010/12/21

明日の皆既月蝕に向けて

日付が変わってしまったので正確には今日だが、夕方の4時半頃から日本で皆既月蝕が見られる。

こないだEOSを落っことして修理中のため、写真撮影は無理かとあきらめていた。
(もっとも、オートフォーカスが効かなくなっただけなので、レンズ不要の望遠鏡による直焦点撮影はできたはずだ。なぜ修理に出してしまったかというと……月蝕のこと忘れてたんだよ!! チクショー)

そんな折、心やさしきお友達が、使わなくなったコンデジがあるというのでいただけることになったのだ。
恩に着ます。
さっそくテスト撮影♪

101221moon1

おっといけないその前に、先日の不十分な光軸調整のままの望遠鏡Vixen R130Sfの光軸調整を再度試みた。
フィルムケースに穴をあけて糸でレチクル(十字線)を付けたものを光軸調整用アイピースのかわりにして、副鏡、主鏡の順に合わせた。
副鏡の中心部分にもマジックで印を付けたので合わせやすく、接眼部からのぞいたところ、今度はきちんとレチクル、副鏡、主鏡の中心マーカーが合ってくれた。(どうしても完璧じゃないけどね)

前回は半日かけてダメだったけど、今回は2時間半くらいでだいたい合ってくれた。
ネジで調整するのはかなり微妙だね。ちょっとやるとすぐ大きく動いちゃう。

それはともかく、夜になってベランダに望遠鏡を持ち出し、ベテルギウスなどを見てみた。
うん、こないだと違って像の崩れがほとんどないぞ。

そんでもって、天頂付近に高く上った月を写したのが上の写真と、下の写真。

101221moon2

いただいたコンデジは露出がオートなので、暗い天体を写すのはどうかと思ったんだけど、露出補正やスローシャッターなどのモードを活かせばなんとかなりそうだ。
満月に近く超明るい月もきれいに写すことができた。
俺が持ってたコンデジのCanon PowerShot A95よりノイズが少なく、画質は明らかにいい。
マニュアルフォーカスと、無限遠設定があるのも助かった。(撮影ではカメラ側を無限遠にし、望遠鏡の方でピントを合わせるのだ)
思えばA95も壊れたんで直そうと解体したところ、結局直らず、組み立てたらネジが5〜6個余っております。わははははは(^^;)

明日の皆既月蝕は初めて撮影するので、どれくらいの露出をかければいいのかよくわからない。まあなんとかうまくやりましょう。
かなり低い高さから皆既になるので、望遠鏡も低く向けなければいけない。ご近所さんに怪しまれなければいいのだが。
万が一ご近所の美人の奥さんが着替えなんかしているのが視野に入ってしまった場合、欲情を抑えられるかどうかの保証はできない。bleah

以上!!

« auからの手紙 | トップページ | ハナタラシの砂の器 »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

たまママさん
心やさしきお友達のおかげです♪
こっちもこの時間すでに曇ってしまいました。
北日本以外は観測難しいようです(´・ω・`)ショボーン

うわうわうわ!なんだか難しいお話ですけど、綺麗に月が写っていますね。
無事に撮影ができそうで・・・午後の天気が心配ですネ。
雨の時は近所の素敵な人・・・あちゃ~~、窓の中は写しちゃいけませんヨ(*^ー゚)b

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/50356351

この記事へのトラックバック一覧です: 明日の皆既月蝕に向けて:

« auからの手紙 | トップページ | ハナタラシの砂の器 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31