« 第一回目入院まとめ | トップページ | 第一回目治療費 »

2011/11/23

三島由紀夫「美しい星」ツアー

病気の治療で石川県金沢市に行ったついでに、三島由紀夫の小説「美しい星」に登場する場所を観光してきた。

「美しい星」は昭和37年に出版されたもので、三島の作品の中ではかなり異色なものになるようだ。

空飛ぶ円盤を目撃することによって、自分達が太陽系の別々の惑星から来た宇宙人だという意識に目覚めた大杉一家の4人は、水爆の恐怖に揺れていた人類を救おうと、宇宙友朋(ゆうほう)会というものを作って平和運動をしていた。
そして、同じくはくちょう座61番星にある未知の惑星から来たという意識に目覚めた仙台の3人の宇宙人との対立。(彼らは水爆で人類が滅亡することでこそ宇宙の秩序が保たれると考えている)
三島は宇宙人という客観的に地球のことを見られるであろう存在を使って、人類の将来を希望と絶望の立場から論じているわけだ。
昭和45年の市ヶ谷駐屯地での自決につながる流れが見て取れるという解説もあるようだ。

宇宙人どうしの対立と別に、大杉家の娘(金星人)が出会う金沢に住む金星人の男というのが出てくる。
二人は金沢で会うのだが、そこの描写で兼六園、尾山神社、香林坊、そして内灘の海岸などが出てくる。
今回、行ったついでにその辺を回ってきたのだ。(今回悪天候のため内灘へは行けなかった)

Cimg7165金沢城の石川門。


Cimg7215兼六園の雪つり。
兼六園って、金沢城主の庭だったわけね。


Cimg7218_2兼六園の霞ヶ池と内橋亭の茶室。


Cimg7390尾山神社の神門。
三島はこれを子供っぽい建造物と書き、登場人物に次のように言わせている。
「これを建てたオランダ人は(中略)支那や西洋が頭の中でごっちゃになった悪趣味な注文に業を煮やしながら、心はきっと陰鬱な北の海のはてしのない夜のほうへ向いていたんだ。(中略)あの第三層の部屋にひっそり籠って、五色の光をいろいろと工夫して、夜の海の上を飛んでくる円盤と交信をしていたのかもわからない」


Cimg7272_2卯辰山と、その上に浮かぶUFO!?
(いやいや、中の灯りが窓に映ってるだけです(笑))


Cimg7299夜空に浮かぶ四角いUFO。中には緑色の人影が!?
(中の非常口のマークが窓に映ってるだけだけどね)


Cimg7411そして香林坊で見かけた宇宙人!
左側の男性、頭にアンテナを生やしており、それとなくカメラを向けると、隠れるようにしていた。
ゼッタイ宇宙人に違いない、ない、ない!!



表紙に出てくる円盤、一般的なUFOというより、石川県で昔からよく目撃されるという「そうはちぼん」に似てるような気がする。
三島もそうはちぼん伝説を知っていて金沢を舞台に登場させたのかな?
なお、三島自身、荒井欣一氏が創立した日本最初のUFO研究団体「日本空飛ぶ円盤研究会(JFSA)」の会員だった。
他にも石原慎太郎、黛敏郎など右寄りな人も会員に名を連ねていた。

« 第一回目入院まとめ | トップページ | 第一回目治療費 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

超常現象」カテゴリの記事

コメント

石川さん
だんだん後半に行くに連れおっしゃりたいことがわからなくなってきますが、とにかく、UFOをご覧になられたということですね? 天狗様もお姿を目撃されてお喜びでしょう。
ちなみにアメリカがUFOを公認したというのは、「軍人が見てもわからない飛行物体がある」ということだけ(しかも「質の高い報告が少なくて結論が出せない」という前提付き)で、異星人の地球来訪、ましてや天狗様の存在を認めたわけじゃないんですよ。昨今UAPと呼び替えているのも「UFOと呼ぶと異星人の乗り物と勘違いされてしまうから」です。
米軍、国防総省の調査も、ただのピンボケ映像を何年も三角形の不思議な形をした飛行物体と言い続けるなど、かなりお寒いものでした。

当方の健康に気を遣っていただき、ありがとうございます。最近腰痛がまたひどいので、軽い運動でもして凝り固まった体をほぐしたいと思います。やはり健康あっての人生ですね!👍

初めまして。
このサイトが使用されてるか
分かりませんがUFOの情報を
述べておきます。
三島の「美しい星」は知りませんでした。
でも、能登にUFOが存在する事は事実です。
中学生の時、午後のグランドで
飛行する飛行機を見てたら
銀色の飛行物体が3機現れて
飛行機を追い越しました。
UFOも知らない時です。
埼玉で働き、祭りの時帰省してました。
91年9月1日、午後8時頃
オレンジ色のUFOが2機現れました。
UFOは無音で、機体から光の輪を
何度も発射しました。
祭りに参加してた600人程の
上空で30分位飛行しました。
多分世界で初めてと思います。
アメリカは存在を公認しました。
現在能登に住んでますが
2007年3月震度6の地震がありました。
地殻変動を人工衛星で測定してます。
能登にも、危険地域がありました。
京都から嫁いで来た人は
私より、遥かにコンタクトレベルが高いです。
地震が起きる時、出かけるので
パソコンや使用する薬の瓶など
地震対策をしてました。
現在能登は群発地震です。
幸い住んでる所は岩盤ですので
震度6でも揺れません。
今はUFOが近くに現れるのは少し
強めの地震の警告です。
6月に夜9時ごろ現れ、隣の人も
「絶対UFO]と断言してました。
私達は宇宙から来て「輪廻転生」を
繰り返してます。東大の先生も述べてます。
宗教は人間の創作。転生の世界には
宗教は存在しません。
動画の時代ですので、人々の
前世も見てます。長い話で恐縮です。
健康に留意してご活躍して下さい。

たまママさん
行ってまいりました(笑)
おかげさまで、術後すぐはひどい発声でしたが、数日たった今現在は、こころなしか低い声を中心に発声が良くなってる感じです♪
高い声はまだまだ出ませんが、ちょっとは期待が持てそうです。

兼六園に三すくみのカエルなんてあるんですか。

手術に行ってこられたんですね、お疲れ様でした。
経過の良い事を期待して、お大事にしてくださいネ。
三島由紀夫のお話にそうした内容があると、今初めて知りました。
金沢の兼六園は高校の修学旅行で行ったんですが、三すくみのカエルとか覚えているぐらいです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三島由紀夫「美しい星」ツアー:

« 第一回目入院まとめ | トップページ | 第一回目治療費 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30