« ゴムの劣化 | トップページ | プリンタiP4300のヘッド洗浄 »

2012/09/16

お隣の国との問題

日中、日韓の間での領土問題がめんどくさいことになっている。
相手の挑発に乗って戦争なんてことになった場合に犠牲になるのは、エラそうにふんぞり返っている政治家や財界のおエラ方ではなく、末端の兵士や一般市民ばかりなのだから、まずこれは絶対避けるべきだ。

その大前提の上で、相手の挑発に何も反論しないのは相手の言い分を認めたかのように誤解されるので、ちゃんと日本としてその正当性をきちんとアピールしつつも、その方法は理知的で論理的で穏当でなければならない。

過去の植民地支配や従軍慰安婦問題、南京事件などもからんでいるわけだが、これに関してはたいした知識がないのでどちらの言い分が正しいのか俺にはわからない。
だけど、こういった問題はどちらか一方が全て正しいとか間違っているとかいうこともないのだから、歴史上の事実を冷静に調査するべきだと思う。
その上で日本に非があればそれに対する適切な処置をすれば良いし、そうでないならそうでないという事実をちゃんと国際的にアピールすれば良い。
そういう当たり前の作業をこれまできちんとしてこなかったツケが、今回ってきているのだと思う。

中国人も韓国人も反日教育というものを受けているようなので(どの程度かは知らないが)、きちんとした知識のない一部の国民はカッとなって暴走してしまうのだろう。それは日本のネトウヨと同じだ。
正直、それは迷惑な行為だと思うが、その一部の人達をもってして、国民全員が同じ考えだと推し量るのもまた愚かなことだ。
だから仮に国家間で争いが起きていても、民間レベルの交流は途絶えさせてはいけない。今までの歴史を見ても、互いの理解がなくなると憎しみ合って殺しあうしかなくなる。
どこの国だって、いい人もいれば悪い人もいる。当たり前のことだ。愚かな過ちを繰り返さないことが必要だ。

んで、日本人としてというか、普通に見ても中国や韓国の最近の挑発行動は常軌を逸していると思う。単純に腹立つし、なんとかやり込めてやりたい気にもなる。
でも前述のように戦争になると犠牲になるのは弱い人達ばかりだから、それだけは避けたい。
なんとか戦争以外でギャフンと言わせることができないだろうか。かつて、戦争で負けたアメリカに経済発展することでやり返したように。
相手のペースに乗せられて、同じように武力や圧力で対抗するのは戦術として愚かだよね。(石原慎太郎とかさ、見てて単細胞だってわかるでしょ?)
たとえばオタク文化を大流行させて牙を抜いてしまうとか、AKBみたいな日本発のアイドルを流行らせて(SHNだっけ? 公式な上海版AKBもいるよね)日本に対する理解度を上げ、ついでに外貨も稼ぐとか(笑)
10年、20年じゃすぐには大きな影響がなくても、戦争を知っている世代がいなくなる50年、100年といったスパンで考えれば、そうした友好的な戦略も効果を上げてくると思うぞ。

とりあえず、自分たちの子孫のためにも、敵対する国の人とでも仲良く出来る人とは仲良くしたほうがいーです。そのほうが楽しいし。

« ゴムの劣化 | トップページ | プリンタiP4300のヘッド洗浄 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お隣の国との問題:

« ゴムの劣化 | トップページ | プリンタiP4300のヘッド洗浄 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31