Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« RAWなお月 | トップページ | オリオン大星雲、コンポジットの効果 »

2013/01/22

動画でコンポジットしたい

今使っているEOS kiss X2は動画機能がない。
天体写真は1枚で写すよりも、何枚も同じカットを撮って重ね合わせる(コンポジット)ほうがノイズが取れた綺麗な写真になる。

090817jupiter安い望遠鏡でも、コンデジで動画撮影した300フレームをコンポジットしただけでこれだけきれいな写真になる。

今もコンデジはあるが、マニュアル露出ができないので天体撮影に向いていない。
そうでなくてもコリメート撮影は光軸合わせが難しいので、結構大変なのだ。

動画機能がある一眼レフに買い換えて直焦点やアダプターを使った拡大撮影をするか、それともマニュアル露出ができるコンデジを買ってコリメート撮影を再チャレンジするか。

一眼のほうが専用のアダプターで光軸が簡単に出せていいのだが、惑星撮影は直焦点撮影では小さすぎてしまう。
拡大撮影をしてもかなり倍率を上げないと満足行く大きさでは写せない。
倍率を上げると当然像が暗くなる。
それならばコンデジのズーム併用のほうがより明るく簡単に希望の大きさで写せる。
(望遠鏡のアイピースからの光を直接CCDで写した場合、なぜか肉眼で見るよりかなり暗くなってしまう。光が通るレンズが少ないほうが明るく写りそうなもんだけど、どうもそうではないらしい)

上手に惑星写真を写している人達はどうやっているんだろう?
ほとんど動画撮影のようだが、コンデジでコリメートでなく、ウェブカメラからレンズを外したものを使ったりしているようだ。
詳しいことはよく知らないし、うちの望遠鏡やMacで直接できるのかどうか。
できるだけ費用も抑えたいしね。

« RAWなお月 | トップページ | オリオン大星雲、コンポジットの効果 »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/56598566

この記事へのトラックバック一覧です: 動画でコンポジットしたい:

« RAWなお月 | トップページ | オリオン大星雲、コンポジットの効果 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30