Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« もういくつ寝ると… | トップページ | 喉のほう »

2013/01/01

初日(はつひ)

130101sun望遠鏡で元日の太陽を写しました。
Vixen R130Sf + EOS kiss X2

黒点群が見えますな。
んで、これはかなり明るさやシャープを補正してあるんだけど、肉眼で見るともっと黒点がきれいな点々として見えるのね。
でも写真で写すとかなりぼやーっとして写ってしまう。
ピントはできるだけ正確に合わせてるはずなんだけど、露出が適切じゃなかったりするのかな?
望遠鏡だけの問題じゃないと思うんだけど。
それともカメラの解像度不足?

どんな天体写真でも多少の補正は必要になってくると思うけど、最初からもっときれいに撮れないものだろうか。あんまりそういう事について書かれた本とかサイトとか見たことないんでわからんなあ。
もし機材の問題だとしたら、将来的にはもうちょっといいのに替えたいなあ。

« もういくつ寝ると… | トップページ | 喉のほう »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

これ、かなり明るさいじってるんですよ。
明暗くらいならソフトでなんとでもなりますが、解像度が落ちちゃってるようで。
やっぱりなかなか見たままには写せないのかなあ。

東京でも月、惑星、明るい星雲(オリオンとか)は見えるでしょう。
逆に言えば、田舎でも写真に撮らないとまともに見えない天体は多いですよ。
望遠鏡ショップでアドバイス受けつつ、コストパフォーマンスがいい望遠鏡を買っちゃうといいかと。もしくは双眼鏡でもいいのでは?

天体写真は中学生のときに自由研究で友達と撮ったくらいなんですが、そのときも目で見た感じと違って写りました。
人の目って瞳が小さいじゃないですか。その分、クッキリと見えたり、脳が画像を自動補正している関係もあるかもです。
露出は合っている用に見えます。周辺部が少し暗く写るくらいがいいと覚えています。
望遠鏡欲しいんです。でも東京の環境では夜が明るくて使いようがないです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/56462857

この記事へのトラックバック一覧です: 初日(はつひ):

« もういくつ寝ると… | トップページ | 喉のほう »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31