Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« 彩雲っぽいの好き | トップページ | 追加のバランスウェイト購入 »

2013/02/21

セレストロンC8でM3

130220m3_small晴れてたので、ダメ元で球状星団のM3を撮ってみた。
GP2-セレストロンC8・SBS。
赤道儀弱く、ベランダぐらぐら、極軸も不完全なので、ISO1600で5秒露光を5枚コンポジット。
奇跡的にほとんどブレず、明るさ調整したらそれなりの出来になってくれてビックリ&感動!
ノイズが多いけど、まあ気にせんでおいてくれ。
口径20cmでもやっぱり星雲や星団は暗くもや〜っとしか見えないから、離れたところの明るい恒星でピントを合わせ、再びM3を導入するのは大変だった。アイピース覗いてればいいけど、EOSを接続しちゃったからカメラのファインダー越しに探すからね。

130220m3_closeupピクセル等倍でトリミング。いや〜ぶれてないね〜♪happy02

今の俺にしてみりゃ上々な出来なんだけど、本来C8の実力(解像度)はこんなもんじゃない。
上手な人が撮るとこうなるらしい。4分の露出を14枚コンポジットしてるのか。
こういう写真撮ってみたいけど、ガイド撮影しなけりゃあかんやろな。そんな機材を揃える余裕はない。キッパリ。

STARBOOK typeSはアライメントがめんどくさいし、コントローラー使いにくいし、結構大変なんだけど、暗い天体を(そこそこの精度で)導入してくれるのはやっぱりありがたい。
M3の他にも今まで見たことなかったメシエ天体とかいくつか見たよ。
おとめ座銀河団は暗すぎて(月も出てたし)全然わからなかった。

いつか、自分の機材で撮影したメシエ天体写真集を作りたいな。

最後、上ってきた土星を見た。
まだ低い位置だから大気の影響も受けてたけど、時折きれいに見えたよ。
カッシーニの間隙はわからんかった。
惑星の写真を写したいけど、土星は小さいから難しいだろうな。木星で修行を積まねば。

うちのベランダだと、足場が揺れちゃうから立派な架台買ってもしょうがないし、しばらくはGP2のまま頑張るかな。
北極星が見えないから極軸が正確に合わせられないのがとりあえず困る。
ミードのLSのように、極軸合わせ、水平出し、アライメントまで全部自動でやってくれる架台が出るといいんだけどなー、できれば国産のビクセンあたりから。しかもお安く!(笑)

明日はC8を安定させるためのバランスウェイト1.9kgが届く予定。ただの重りのくせに高いよね(苦笑)

« 彩雲っぽいの好き | トップページ | 追加のバランスウェイト購入 »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/56808224

この記事へのトラックバック一覧です: セレストロンC8でM3:

« 彩雲っぽいの好き | トップページ | 追加のバランスウェイト購入 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30