Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« 親父の命日 | トップページ | 花粉症 »

2013/03/03

23日の木星

Img_21322月23日に撮影した木星。
これはセレストロンC8とEOS kiss X2で撮った1枚もの(コンポジット合成してない)。
ISO1600で1/25秒。
RAWで撮って、iPhotoで(勝手に)現像、Photoshop Elementsで明るさなどを調整した。もちろんトリミングも。
南が画面右上のはずなので、大赤斑が見えてない時だと思う。

130223jupiter同じ夜に写した写真20枚くらいをPhotoshop Elementsでコンポジットしたもの。
衛星の明るさはそこだけ強調してある。
動画で撮ってRegistaxすればもっときれいになるはず。
もうちょっと大きく写せるといいんだけどね。
今はアイピース〜カメラのCCDというつなぎで拡大撮影をしているが、ここにバローレンズをはさむといいらしい。
あんまり拡大しすぎても望遠鏡の解像度の限度を超えちゃうけど、何倍くらいまで耐えられるかな?
海外の画像を見ると2倍くらいのバローがほとんどだけど、そういう人ってたいがいウェブカメラだから、一眼レフの動画撮影を考えている俺がそのまま参考にしていいものか。
C8じゃなかったと思うけど、中には5倍のバローを使ってる人もいた。過剰倍率になってないのかな?
そこまで無茶するくらいなら、コンデジでコリメート撮影したほうが、ズームで画面いっぱいに写せそうな気もする(笑)

都市部の光害地帯でも、惑星ならたぶんきれいに見えると思う。
光害カットフィルターなんてのもあって、都市の灯の波長をカットしてくれる便利なものも出ているのだ。(俺は使ったことないけど)

« 親父の命日 | トップページ | 花粉症 »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

まだまだ満足いきません。
C8というか、20センチの鏡筒のポテンシャルはもっと高いと思います。
やはり動画で撮影してコンポジットしたい。

6センチでも屈折ならしま模様は見えるかな?

なんだか撮影された写真がハイレベル。
中学生の時に口径が 6cmの望遠鏡を持ってて、土星の輪はみえました。木星は衛星は見えましたが縞模様はどうったったかしら。すごく綺麗に写るもんですね。おそれいりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/56882740

この記事へのトラックバック一覧です: 23日の木星:

« 親父の命日 | トップページ | 花粉症 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30