Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« 今日の火星 | トップページ | EOS kiss X7iは高画質 »

2014/04/19

今日の太陽(黒点がいっぱい)

太陽が極大期っぽく、黒点がいっぱいだということで、撮影しました。
20140419sun1024C8、GP2.SBS、EOS kiss X7iのRAW撮影、アストロソーラーフィルター、直焦点。
Photoshop ElementsでRAW現像し、上下2枚貼り合わせ。
EOS kiss X7iは今までのX2に比べて画質がぐっといいね。RAWだからなおさら。
もっともシーイングがいい瞬間を狙って撮らないと眠い画像になってしまうのは他の天体写真と一緒だけど。

SBSの電池が残りわずかだったせいだろう、赤道儀が暴走して動きが止まらなくなることがあった。電池を取り替えたら直った模様。

20140419sunupsmall黒点部分の切り出し。

20140419sunup2同じく切り出し。

黒点のあたりの点々は粒状斑かもしれないけど、それ以外の箇所の点々は粒状斑とノイズが三七くらいではないかと思っているがどうか。

« 今日の火星 | トップページ | EOS kiss X7iは高画質 »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

まともと言うのはホームセンターとかで叩き売られてる粗悪なもの以外ということです。
しっかりした架台というのも、最低限写真対応と謳われているものという意味です。あまり重くてでかいのは(本気度にもよりますが)かえって稼働率を下げることにも。(設置がめんどいので)
タカハシは高性能だと思いますが、全てにおいて高額だし、独自規格も多いようなので、買うのなら覚悟したほうがよろしいかと。
何を見たいか(惑星なのか星雲なのか)、何をしたいか(眼視なのか写真なのか)によって適切なスペックのものを選んだほうがいいと思います。

まともな屈折としっかりした架台
わぁ、ハードル上げてくれました。
実はタカハシが欲しいんです。昔から憧れのメーカーなんです。
買っちゃおうかな。

まともな屈折なら反射よりコントラストがいいので、惑星なんかは特に見やすいでしょうね。
架台をある程度しっかりしたのにしておくと、安物買いの銭失いにならずにいいと思います。
ネットの評判や専門店のアドバイスを聞くと確実かと思います。

天体写真は面白そうです。
夏までに一本、望遠鏡を買おうと思います。口径の大きな反射は諦めて十センチくらいの屈折にしようかと。それなら条件の悪い都心でもと考えてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/59495327

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の太陽(黒点がいっぱい):

« 今日の火星 | トップページ | EOS kiss X7iは高画質 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30