« 手術 | トップページ | UFO事件簿更新/ブルーストンウォーク事件 »

2014/12/01

手術してきました

喉頭乳頭腫、何度目かの手術をしに金沢大学附属病院に行ってきた。
数日前に近くの長野県で震度6弱のでかい地震があって、トンネルが多いほくほく線が怖かったんで、初めて東海道線の方から、名古屋、滋賀の米原を通って行ったよ。4000円くらい高くついちゃったよ大地の怒りコノヤロー。

11月26日(水)、入院手続きに手間取りながらも昼過ぎに入院。もちろん前乗りして宿に泊まってた。
久しぶりの入院ということなので、手術前々日の入院になった。
入院前検査のレントゲン技師のおねえさんがきれいでござった。

10階の大部屋。初期の喉頭がんで放射線治療してるおじさんとお話。
他にも乳頭腫の患者が入れ替わりで入院したってさ。9回も手術した人も。ここでしかやってない治療だから、みんな遠くから来てたって。

主治医のM先生の診察を受ける。
地元の医者で半年ごとにチェックしてもらってた時はでかいのしか気付かなかったけど、またあちこちに再発してることがわかり(・ω・`)ガッカリ…。
今回はレーザーメスで患部を焼き潰すことがメインで、それに加えてシドフォビルを注射する。レーザーメスを使うと発声に大きく影響する箇所は注射だけにするとのこと。
これまでと違う工夫として、太い注射針の場合、刺した穴から薬液が漏れてムダになってしまうことがあるため、より患部に薬液をとどまらせるために、今回は細い注射針を使うという。

11月28日(金)、2時30分に手術開始。
いつもはしっかり麻酔導入する瞬間まで覚えてるんだけど、今回はその前の段階でもう意識失ってた。
次に気がついた時は5時30分だった。手術自体はもっと早く終わったはずだけど(事前には1時間半くらいって聞いてた)。
今回は意識が戻ってもすぐに人工呼吸器を外してくれず、数回深呼吸をさせられた。思ったよりは苦しくなかったけど。

部屋に戻り、酸素マスクを付けたまま3時間安静。
今まではもっと体の負担が大きかったのか、起きられるようになるまでもっと病人っぽい感覚だったんだけど、今回は3時間もあっという間だったし、酸素マスク付けてた負担もほとんど感じなかった。
いつも手術用の管を押し付けるせいで歯がぐらついたり、唇が圧迫された痛みがあった。事前に言っておいたせいもあり、今回は歯の痛みはなし。右頬の内側が少し腫れ、そして器具に皮膚が貼り付いたまま動かしたせいか、皮がむけて痛かった。まあ我慢の範囲内だったが。

2014手術前の写真。
右側の円の中が、今までここだけだと思ってた箇所。
青い箇所も乳頭腫だけど、声帯の奥にあたり、ここを切ったり焼いたりすると術後の発声に大きく影響を与えるということで、シドフォビルの注射だけになった。

2014_2手術後の写真。
出来る範囲をレーザーメスで焼いてもらった。傷跡が痛々しい。
術後すぐは風邪を引いた時のようなのどの痛みがあり、よくタンがからんだ。
その後も結構慢性になっちゃってるハナがのどにたれてきて気持ち悪い症状(後鼻漏(こうびろう)って言うんだって)や、乾燥した空気のせいか息をするとのどがヒリヒリしてむせてしまったりといった事もあったが、まあそんなにひどい症状はなかった。

ちょっこししゃべってみようかとしても、声が出ませんなあ(笑)
まさに声帯が震えないって感覚? 無理すれば低いガサガサ声なら出る程度。
老いた母も残してきたため長く入院もできないので、週明けの月曜には退院させてもらったよ。
窓口で切符を買う時、声がガサガサなので大変だったけど(笑)

手術費用は前回の入院時に35,000円くらいずつだったんで、今回もそれくらいと高をくくってたんだけど、なんだかんだ10万円弱かかったよ(>_<;)
レーザーで焼いたのが高く付いたのかもね。
どうせ高額療養費支給制度でほとんど戻ってくると思うけど。

これ書いてるのが退院一週間後なんだけど、じょじょに発声は戻ってきてる。でかい声、高い声はまだ出ないけど、いずれカラオケで張り切って歌えるようになるだろう(笑)
今度の手術だけで治りゃうれしいけど、どうせ一生お付き合いすることになるだろうなあ。がんになったりせず、数年に一度くらいのペースならまあいいか…と思ってる。
そのうちiPS細胞やSTAP細胞:-pを使った研究で、いい薬や培養した新しい声帯と交換なんてことにもなるだろう。うんうん、長生きしたいね\(^o^)/

ところで、日大でやってる子宮頸がんワクチンによる乳頭腫治療、金沢大学附属病院でも計画はあるけど、たまに重篤な副作用が出る報告があるからストップしたままやってない…という話も聞いてきた。

追記:前回の手術が2011年12月。そこから3年たっているので、看護婦さんの顔ぶれは大きく変っておりました。
手術担当のFさん(とか言ったかな?)という方が大変色白でお美しかったのですが、お目にかかれず。

ググってみたらやはり喉頭乳頭腫が何度も再発して日大のガーダシルと、金大のシドフォビルの両方の治療をされてる方のブログがあって、興味深く読ませていただいた。
その方は一ヶ月単位で大きく再発することもあり、俺なんかに比べてかなり深刻なようだ。
幸い以前に比べると再発も落ち着いてきているようだが。
俺はもうなかばあきらめて、一生お付き合いするつもりで考えてるけど、さすがにそんな早く再発されたらたまったもんじゃない。お互い早く治してしまいたいものだ。

« 手術 | トップページ | UFO事件簿更新/ブルーストンウォーク事件 »

喉頭乳頭腫」カテゴリの記事

コメント

同病者さん、こんばんは。

単なる乳頭腫じゃなく、喉頭がんだったんですか。それは大変でしたね。
放射線治療ってしばらく食べるのが辛くなったりするらしいですね。
でもHPV陰性になったということで良かったですね。
がんの方は大丈夫なのかしら。
どの治療が功を奏したのかがはっきりすると、今後の治療に光が見えそうです。
情報ありがとうございます!

以前ニ三度コメントしました。戯雅さんのシロちゃんが亡くなった頃です、ウチのシロ猫も一年八ヶ月闘病の後今年の節分の日に亡くなりました、19年近く生きました。さて、乳頭腫ですが、私は異常を感じ半年後に乳頭腫と診断され、経過観察〜肉腫の形状変化〜病院対応に不安感じ、日大のガーダシル治験に参加のため、転院、転院ごの診察でがんの診断を受けオペと放射線治療を受けました、1月に乳頭腫の診断6月に日大でがん診断、10月に声帯の局部レーザーオペ、ガン細胞の残留無くす、放射線治療を11月中旬〜12月下旬までやりその後経過観察中です、ガーダシルの接種は翌1月にしました、結果治験参加全員高い抗体価を獲得したとのこと。ワクチ注射によりHTP感染予防効果は期待できるが、既に感染しているウイルスへの効果はないとされています。が、このことを確かめることが今回の治験です。私の場合一年後の検査で陰性とのことです、どの治療が効いたのか研究中のようです。まずはお知らせまで。HPVウイルスとさよなら出来た同病者。

山ちゃんさん

はじめましていらっしゃい。
お互いめんどくさい病気にかかっちゃいましたね(苦笑)
どうぞこれからも気軽にいらっしゃってください。

戯雅さん、はじめまして!

2年半前に喉頭乳頭腫の診断をうけ、手術。
で、今回ばっちり再発して来週手術です(・∀・i)
戯雅さんのいい感じの脱力感ブログ見て
元気もらってます!
よろしければ今後情報交換などしていただけたら
嬉しいです。
はやくカラオケ歌えるようになればいいですね(´∀`)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手術してきました:

« 手術 | トップページ | UFO事件簿更新/ブルーストンウォーク事件 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30