Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« 美しいこと | トップページ | niftyのセキュリティプラス24を解除 »

2015/09/01

ベランダ観望家

日本の住宅事情から、家のベランダに赤道儀を置いて星を撮影している人も多いんじゃないかと思うんだけど、極軸合わせってどうしてんのかしらね。

北極星が見えないと極軸望遠鏡が使えない。
原理上、「赤緯○○度付近の星を見て視野の北に動いたら赤道儀をこう調整して…」なんてやり方はあるけど、やたらめんどくさい。
それの指示を機械が出してくれる「極軸合わせ支援機能」なんてのがセレストロンあたりの赤道儀には付いてるようなので、それを使ってる人はいいけど、それ以外の人はほんとどうしてるんだろう。
ベテランはめんどくさいやり方でやって、そのまま動かさないようにしてるとかだろうか?
あとはもうベランダなんて車が通るだけで揺れるから、そんなところで撮影なんてせずに、眼視だけにしてるとか。

こないだ書いたステラショットなんかも便利そうなんだけど、極軸が合ってないと導入も追尾もそれ以前の問題になってしまうので、購入どころではないのだ。
新しい赤道儀買ってからだな。

もう21世紀なんだから、中級以上の赤道儀はGPSとかCCDカメラとか付けて、ボタンひとつで極軸合わせと導入のアライメントを取るくらいのことしてほしいよね。
高い値段してるんだしさ(苦笑)

« 美しいこと | トップページ | niftyのセキュリティプラス24を解除 »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/62194878

この記事へのトラックバック一覧です: ベランダ観望家:

« 美しいこと | トップページ | niftyのセキュリティプラス24を解除 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30