Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« 今夜は月面X(ついでにV) | トップページ | 腕時計の修理 »

2016/01/11

極軸をもう少し正確に合わせる

ベランダに常設してる赤道儀なんだけど、極軸望遠鏡で北極星が見えない場所なので、極軸が正確じゃない。写真を撮ろうにも数秒でずれてしまう。

星の動きのズレを見て赤道儀を動かし、ズレを調整するドリフト法というのがあって、そいつを試してみた。
これで合わせると、極軸望遠鏡を使うよりもさらに正確なんだとか。へー、そうなのか。

160110曲軸調整後、露光時間を段階的に撮影して自己流でテキトーに合成したオリオン星雲。
ノイズも多いし、あんまりきれいじゃないけど、星は流れてない。


以前はレチクル(十字線)の付いたアイピースを使ってズレを見てたようだけど、今はデジカメの長時間露光を使ってもうちょっと明確に合わせられるようだ。
詳しいやり方はこちらのブログを。

初めてだし、寒いベランダだし、手間取ったんだけど、なんとかある程度ズレを最小限にできた。
試しにオリオン星雲を写してみたら、2000mmのC8鏡筒で1分ちょいくらいまでなら星が流れずに写せるようになった。やったね。
もっと短い焦点距離ならもっと長くいけるぞ。
まあオリオン星雲は明るいんで、最近のISO感度の高いデジカメを使えば、1分も露光してると明るすぎちゃうけどね。

ベランダに置きっぱなしだから、布団を干す時に蹴っ飛ばしたりしない限りは当面ずれることもない。
と言いつつ、GP2赤道儀を使うのもそろそろおしまいなのだが。新しいの買っちゃったからね。
セレストロンのAdvancedVX赤道儀(^-^;

« 今夜は月面X(ついでにV) | トップページ | 腕時計の修理 »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

届いたんでさっそくベランダに設置して使ってみましたが、自動導入が非常に音がうるさい。😫
物自体は今までのより堅牢にできてて満足なんですが、これじゃ夜に近所迷惑で使えない。
でも調べたら導入速度をゆっくりにして騒音を減らす設定ができるらしいです。😟
明日試してみます。

新しい赤道儀のレポートが楽しみ。
やっぱ、新しいのは進化してるんだろうな、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/63046833

この記事へのトラックバック一覧です: 極軸をもう少し正確に合わせる:

« 今夜は月面X(ついでにV) | トップページ | 腕時計の修理 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31