Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« 望遠鏡設置完了。いろいろ撮る | トップページ | 天体観測、今後の予定 »

2016/01/28

今日の木星

Video0015_160128_01091028日の1時過ぎからの撮影。
C8、Advanced VX、NexImage5。
大赤斑がこっちを向いてる時を見計らった。(iステラHDだと1時30分頃に真正面にあるはずだったんだが、実際はもっと早かったようだ)
落ちている影はカリストのものと思われる。

南中時刻も近く、シーイングも悪くないはずなのだが、前回よりディテールが見えにくいのはなぜだ?
Registaxの使い方がまだあやふやだから、調整次第でもっと画質上げられるだろうか?
特に画質がいいのだけを選び出してスタックするのがイマイチわからん。

AVXの方は、前回終了時に「休止中」を選んでアライメント情報を残しておいた。
二日あけて今日アライメントがどうかと不安だったが、きちんと2000mmの視野内に収めてくれてたよ。こりゃ便利でえ〜わ〜。

外は寒いけど、パソコンで撮影するから部屋の中でぬくぬくしてられるしね。
合わせるのが大変なのはピントだけ。
電動フォーカサーがあるといいんだけど、あってもお高いらしい。

Video0019_160128_013022

Video0020_160128_013856連続で撮影。
大赤斑が左(東側)に動いているのがわかる。
木星の自転が速いのであまり悠長にしてられない。

写真は2000枚撮って1000枚スタックとか、3000枚撮って1500枚スタックとかそんなもん。
8000枚撮って4000枚スタックってのも試してみたが、自転のためにかえってきれいに写らない。
RegistaxでWaveletのバーを全部MAXにしても平気な時もあれば、ちょっとやるだけでリングノイズが出てしまう時もある。
元画像は大して変わらないように見えるのに、何が違うんだろうね。

« 望遠鏡設置完了。いろいろ撮る | トップページ | 天体観測、今後の予定 »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

たしかに、もしかしたら月明かりのせいでコントラストが落ちたのかもしれません。
撮影時のGain、シャッター速度などもいじってみると良かったのかもしれません。
惑星はNexImageを使ってるのでパソコンに動画として撮影しています。
今のところ直焦点は一眼レフをケーブルレリーズでシャッター切ってますが、これもユーティリティを使えばパソコンで撮影できます。
自動導入もステラショットでも買えばパソコンから出来るようになりますね。
寒い中ですから、できるだけ楽な方がいいです。
一番難しいのがピント合わせです。電動フォーカサーはあっても高いようなので、バーティノフマスクでも試そうかと考えています。

AVXは導入精度いいですよね。動かさない限り前回のアライメントも有効ですし。

こんにちはー
昨晩は月が近かったからですかね?でもここまで撮れれば十分すごいです。
自分も昨晩初めてAVX組んで動かしました。
適当に極軸を合わせ、シリウスとリゲルでアラインメント、なんとかM42とM44を導入できました!
でも寒いのでそこで限界、、

雅さんの「パソコンで撮影」って、もしやリモート操作+遠隔撮影なのですか!?
部屋でぬくぬくしながら天体観測なんて、天国すぎるっす

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/63131402

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の木星:

« 望遠鏡設置完了。いろいろ撮る | トップページ | 天体観測、今後の予定 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30