Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« 天体観測、今後の予定 | トップページ | AVXの試練 »

2016/01/29

セレストロン PowerTank

Powertank7AVX赤道儀と一緒に、電源としてセレストロンPowerTank7を買った。

容量7Aで、シガーソケットが2つ、USB端子が2つ付いてる。USBはスマホとか用だな。
USBは5V、1.5Aってある。試しにiPad Air2をつないでみたら、充電してくれたよ。ラッキー。

照明が2つ付いており、上部のは従来からの豆電球で、赤いフィルターをかぶせると天体観測時に便利。点滅状態にもできる。下部のはやたら明るいLED照明。

バッテリーが上がってエンストした車のエンジンをかけるための端子も付いてる。
大容量17Aの上位モデルはAM、FMラジオも付いてるようだけど、そこまでいらんわ。

天体観測専用というより、半ば非常用電源だね。
ハンドルと肩掛けストラップも付いてて、持ち運びは便利。

後ろにはシガーソケット用のコードが添付されてるんだけど、かさばりすぎててフタが閉まってない(^^;)
AVXにはネジで抜けなくできる専用のが付いてるから、使うことはない。そもそもこれをAVXに使えるのかどうかはわかんない。

英語のマニュアルを見ると、最初は14〜16時間充電してくれとある。
それ以後は8〜10時間でいいって。
もし「NEEDS CHARGING」の黄色いランプがついてからも長いこと使った場合は、20時間充電しろと。
あと不具合を避けるために、夏は最低1ヶ月ごと、冬は3ヶ月ごとに24時間充電しろとも。めんどくさいけどまあいいや。

届いてすぐに付属の充電用コードで始めたけど、なかなか「FULLY CHARGED」のLEDがつかない。
フル充電しなくても使えるだろうから、15時間くらい経過してから使い始めたけどね。
なんだかんだ二週間くらいもったかしら。
「NEEDS CHARGING」の黄色ランプがついたんで、今度はフル充電してやろうと思ってやってたら、「FULLY CHARGED」の緑ランプがつくまで丸一日24時間くらいかかったよ。
「CHARGING」の赤ランプがすごい明るいので、緑ランプがついても目立たないくらいなんだけど、一応ついたのは確認した。

自動導入を繰り返さなければ、かなり長いこと使えるんだろう。
寒いと当然電力消費も増えるだろうから、極力バッテリー自体は室内に置いて使う。
遠征行かないんだったらACアダプターで十分なんだけど、まあいいじゃないか、非常用や別の用途にも使えそうだし。
バッテリー自体の寿命はどれくらいだろうね? 普通のかーバッテリーって3〜4年もつと思うけど、それよりはもつかな?
ライトとかついてると、処分するのもったいないね。

« 天体観測、今後の予定 | トップページ | AVXの試練 »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/63137200

この記事へのトラックバック一覧です: セレストロン PowerTank:

« 天体観測、今後の予定 | トップページ | AVXの試練 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31