Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« AVXの試練 | トップページ | 猫の避妊にむけて »

2016/02/01

AVXとビクセンの望遠鏡の相性

途中から買ったC8以前は、ビクセンのGP2とR130Sf鏡筒を使ってたわけだが、R130Sfのアリガタは真ん中が凹んでて、ビクセンの赤道儀のアリミゾに載せると前後にすべって落ちにくくなる利点がある。
でもその凹みが短いため、他の一般的な赤道儀に載せようとするとうまくアリミゾにはまらないのだ。

AVXにR130Sfを載せようとすると前だけハマっても、後ろが少し浮いちゃう。
なんとか固定のネジ止めはできるので使って使えないことないんだけど、鏡筒が少し前のめりになるからアライメントが大きく狂うし、さわってみると少しばかり鏡筒が動く。この状態であんまり積極的に使いたくないね。

そのアリガタの部分は「アタッチメントプレートWT」っていうんだけど、そいつを純正だと「汎用スライドバー」、「スライドバーL」、「スライドバーM」ってのと取り替えるとフツーに他社の(ビクセン規格の幅の)アリミゾに載せることができる…らしい。
ビクセンも最初っから凹みがないフツーのアリガタ載せりゃいいのにね。せめてもっと凹みの部分を長くするとかさ。


Img_0001久しぶりにR130Sfを使うもんだから光軸が狂っちゃってたみたいで、写真写したら星が歪んでんのね。
そこでこれまた久しぶりに光軸調整を。
久しぶりだからやり方忘れてて、副鏡からやらなきゃいけないのに主鏡からやっちゃって、押しネジ引きネジいじってもレーザーコリメーターの位置が動かないー、なぜだー!? イライラ!
とかやってました(笑)
まあR130Sfは接眼部が樹脂製で弱いんで、光軸合わせたつもりでも一眼レフ載せたりすると重みでたわんじゃって光軸狂っちゃうんだけどね(苦笑)
元々眼視向き鏡筒だから、あんまり身の丈以上のことをさせるのもかわいそうなんだけどね。
「そういうお客さんはぜひR200SSをお買い求めください」ってことなんだろうけど。
欲しいですなあ。R200SS。ま、いずれ考えます。
これもアリガタが凹みつきなんで、交換しないといけない(苦笑)

« AVXの試練 | トップページ | 猫の避妊にむけて »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/63151979

この記事へのトラックバック一覧です: AVXとビクセンの望遠鏡の相性:

« AVXの試練 | トップページ | 猫の避妊にむけて »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31