Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« 二階からお父さん? | トップページ | 今日の木星(バローレンズテスト/繋ぎ目破綻) »

2016/04/23

バローレンズが届いたぞい

Img_1614惑星をさらに拡大すべく、2倍のバローレンズを購入した。
送料込みで約18,000円。ビクセンの方が1万円くらいで安いんだけど、メーカーを揃えてみた。

凹レンズだかが入ってて、望遠鏡の焦点距離を2倍にしてくれる。
当然F値も2倍になって暗くなるのだがね。

カタログ写真だともっと大きいのかと思ったけど、31.7mmアイピースにつなげるサイズなので、それなりの小ささだった。
写真はアイピースを取り付けたところ。

昼間なので遠くのマンション見てみたけど、たしかにナシの時より若干暗くはなってる気がする。
ピントも少し変わるね。
アイピースのアイレリーフが変更になって、少し目を離さないといけなくなり、また目を離しすぎてもダメで、見づらくなった。要は見える範囲が狭くなった。
まあ眼視じゃなくてCCDに覗かせるからいいんだけど。

晴れたらさっそく星で試してみたい。極軸もネジが緩んでずれちゃったみたいなんで、合わせ直さねば。

« 二階からお父さん? | トップページ | 今日の木星(バローレンズテスト/繋ぎ目破綻) »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

tamamiさん
タカハシは値段も高いけどクオリティも高い(らしい)ですからね。
ただいくらなんでも高過ぎという話も。
天体趣味というニッチな市場で高クオリティの物を出すにはそれなりの値段にしないとやってらんねーってことなのかもしれませんが。

>タカハシ
なんでもタカハシの新型130mm鏡筒は百万円だそうですね。
たしかにニコンやキャノンんの超望遠レンズも百万超えですけど、タカハシ高いですね。

tamamiさん
倍率と明るさなどが両立しないのは致し方ないですね。
強拡大の次は、さらなる明るさを求めて、感度の高いPCカメラに手を出してしまいそうでコワイです。
星雲とかをきれいに写そうとタカハシの機器やオートガイダーに手を出すよりはマシですけどw

光学部品っていうか部材っていうか、この手の品はワクワクしますね。
きっと、ピントもシビアになるんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/63524949

この記事へのトラックバック一覧です: バローレンズが届いたぞい:

« 二階からお父さん? | トップページ | 今日の木星(バローレンズテスト/繋ぎ目破綻) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30