Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« 舌噛んだ | トップページ | 今日の木星と接近中の火星 »

2016/05/08

天ガ、惑星撮影ガイド

火星最接近も近づき、惑星撮影旬の今、天文ガイドで熊森さんが「本格派のための惑星撮影ガイド」の連載を始められた。

冒頭の方でも月惑星研究会の方が「はじめてみよう! 惑星の撮影」として見開き2ページで基礎的な手順を解説している。
よほど極軸を合わせても、拡大率が高いから視野の中を惑星が動いてしまうのはしょうがないんだってね。

そういう実情を聞きたかった!

RegiStaxの設定にWavelet直前まで自動でやってくれるってのがあるのだね。

RegiStaxの使い方とかも天文雑誌でちゃんと解説してるの寡聞にして知らないから、ぜひ今度の連載でやってほしいな。

熊森さんもお使いなのだが、最近注目されてるPCカメラはZWO社のASI224MCなのだな。
かなり高感度でノイズも少ないようだ。
OSXでも動くようなので、Parallels経由がボトルネックになることもなさそうだ。
31.7mmのアダプターが付いててそれを今と同じようにアイピース代わりに差し込んで使うんだよね?
写真で見るとCCTVレンズというのも付いてくるみたいだが、それをどういう目的で使うのか、情報が見つからない。
本当に付いてくるのかさえ疑ってしまう。まあ惑星撮影には使わないけど、ライブカメラみたいにそこらへんの風景を写すこともできるのかな?

« 舌噛んだ | トップページ | 今日の木星と接近中の火星 »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

tamamiさん

木星のシーズンもそろそろ終わりだし、火星も今月末だし、連載するならもうちょっと早めに始めて欲しかったですけどね(苦笑)
だからと言って自分の撮影方法が何か変わるわけでもなかったと思いますが。
天ガ買って広告なんて眺めていると、ズルズルと星の世界にはまっていきますよ(笑)
惑星撮影ならまだ出費は少ないと思いますが。

本屋でかいましたよ。
天文ガイド、初めてかも。
ドンピシャ!惑星写真の記事ですね。
デジタル技術って凄いね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/63600433

この記事へのトラックバック一覧です: 天ガ、惑星撮影ガイド:

« 舌噛んだ | トップページ | 今日の木星と接近中の火星 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31