« 10月になったのに… | トップページ | 猫に翻弄される一日 »

2016/10/05

猫対策見直し

これまでのあらすじ(?)

昨年、迷い込んできたノラの子猫2匹(生後半年くらい)を哀れに思って飼い出したら、避妊が遅れ、そのうちの一匹が5匹の子猫を産んでしまった。
うち2匹は里親が見つかったが、元からいた猫1匹を含め、6匹を飼うことに。

40年近く前から猫を飼っているので、今までずっと放し飼いだったのだが、最近の完全室内飼いの風潮もあり、また久しぶりに生まれた子猫ということで近所の庭への侵入、そこでの糞尿の害などがあり、猫嫌いで仲の悪い隣のオヤジにイヤガラセされる始末。

さすがにこりゃ放し飼いの方針も改めにゃいかんなと思い、家の庭を囲うネットを張り巡らし、キャットランを作ったのだが、素人作業ということもあり、脱走されること多々。
再び隣のジジイ(だんだん呼び名がひどくなる)に「こんなもん作っても猫は乗り越えるから、家から出すな」とイヤミ言われる始末。
悔しいが、たしかに糞尿被害は申し訳なくもあるので、善処したいところ。
(あらすじここまで)

とりあえず猫を家から出さないようにすべぇと思い、完全室内飼いを模索し、庭にすら出さないことに。
しかし猫たちは毎朝決まって4時半に起き、家の中を走り回ったり外に出たがったりするので、よほど無視するか相手をしてやらない限り、おちおち寝てられないし、障子なども破かれてしまう。
しょうがないので俺がその時間に起きて、猫じゃらしやエサで気を引いてやるのだが、それも大変。夜中にも何度も起こされるしね。

母はもう80過ぎの高齢だから、庭に出してやるかエサをあげるくらいはできても、それ以上は無理だし、させたくない。
庭に出したら十中八九脱走されて、ご近所に行っちゃうもんね。

流行りの完全室内飼いを検討してはいるが、せめて庭くらい駆け回らせたい気持ちもある。
今のネットの囲いが脱走される点を改善すればいいのではないか?

問題点
・材料をケチったため、猫が登れないようにな波板を3分の1の幅に切って取り付けているので、乗り越えられてしまう。
・ネットは害獣用の安物で縮むため、隙間ができることに。
・人間の出入り口をちゃんと作っておらず、ネットをめくって出入りするようにしたため、そこから脱走してしまう。
・素人作業なので全体的に作りが粗い。

対策
・波板を買い直して、そのまま貼り付けよう。そのついでに隣との境にも貼ってしまえば、隣を見ないですむ。
・ネットを少し余裕を持って貼り直そう。
・人間の出入り口をちゃんと設計して作ろう。お金をケチっちゃダメ。
・素人作業でも、できるだけ丁寧に作ろう。


これでダメならちゃんとした工務店に頼んでキャットランを作ってもらうか(金はかかるが)、イレクターとかでもうちょっと小さめのものから作るか、対処を考えよう。

ブログに吐き出して少しスッキリした。

« 10月になったのに… | トップページ | 猫に翻弄される一日 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫対策見直し:

« 10月になったのに… | トップページ | 猫に翻弄される一日 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30