« ASI224MCで天王星、ついでに金星 | トップページ | 茨城県で震度6弱 »

2016/12/27

猫の母娘、引き渡し

_mg_4595
東京に住む共通の友人に一旦預かってもらっていたおチビちゃんとメメちゃんを、埼玉の里親さんのもとに引き渡してきた。
俺が行った時はもう部屋のケージの中に入っていた。

久しぶりに俺の姿を見て驚いたかどうかはわからないが、おチビは約1年、メメは約半年一緒に過ごした俺だということはわかっているようだ。
ケージの中に上半身を突っ込み、なでてやり、頬ずりしてやり、キスしてやった。

人が4人もいてガサガサと動いたりしゃべったりしているので、ちょっと戸惑ってるように見えるが、あまり怖がっているようには見えなかった。
なでているうちに少しは落ち着いたようだ。

それを見計らってメメちゃんをケージの中から抱き上げてやった。逃げるでもなく、おとなしくしていた。
おチビは出そうとしたが敷いてある布に爪をかけてしまったので、抱き上げられなかった。残念。
でもいる間はできるだけなでたりしてあげた。
写真や動画もいっぱい。
もっと長くいてなでてやりたかったけど、慌ただしくお別れして帰ってきた。

「また家に連れて帰ってくれるんじゃないか?」って思っていたかどうかはわからないけど、久しぶりに親みたいだった俺に会って、良かったんじゃないかと思う。もちろん俺も子供のようだったこの子たちに会えて良かった。少なくとも病気とかはしてないし。
また飼い主と住む家が変わるんだから、不安はあるだろうけど。里親さんが引っ越したりするまではこれからはしばらく変化がないから、早く環境に慣れて幸せに暮らしてほしい。とにかくそれだけ。

うちで飼ってあげられない負い目はあります。それはずっと背負って生きていきます。
でも食べるもの、寝るところに不自由させず、子猫たちも産ませ、それぞれやさしい里親を探し、今まで自分の時間を削って精一杯面倒みてきたことだけは胸張って言える。
子猫が小さかった頃は同じ部屋で添い寝し、部屋から出るようになってからは朝4時半頃から一日中ずっと面倒みてたからね。その点の後悔はない。こういう時に後悔しないように、必要以上に無理を押して面倒みてた気もするけど。

おチビと、その前のミーちゃんを拾って飼い始めなければ。
おチビを早々に避妊手術していれば。
5匹も生まれなければ。
イヤガラセの隣のオヤジがいなければ。
などと「もし」を考え始めるとキリがないけど、これもまた運命。

繰り返すけど、とにかく幸せに一生を過ごしてほしい。それだけ。

« ASI224MCで天王星、ついでに金星 | トップページ | 茨城県で震度6弱 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫の母娘、引き渡し:

« ASI224MCで天王星、ついでに金星 | トップページ | 茨城県で震度6弱 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30