Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« 赤道儀の移動と再セッティング | トップページ | アルデバラン食撮影できず »

2017/01/08

ASI224MCテスト/木星

Jup_0638002017/1/8 6:38

Jup_0658492017/1/8 6:58

2枚ともC8、セレストロン2倍バロー、ASI224MC
FireCapture2.5、RegiStax6

寝て起きて6時前。曇りのち雨の予報だが、早朝は晴れてて木星もスピカもよく見えてる。
不自然な体勢でのピント合わせに手こずったけど、なんとか合ったような気がしたので撮影開始。
シーイングは悪くないようだが、とにかくコントラストと解像度も悪い。
同じ条件で試しちゃいないけど、バローなしのNexImage5の方がマシだったのではないか?
コントラストは日の出前後のせいもあるかもしれないが、そこまで明るくもないと思うのだが。
FireCaptureのガンマとかいじれば少しはマシになるのかしら?

NexImage5時代はRegiStaxのWavelet処理すれば見違えるような像が得られたけど、今度は大して変わらない。なんだろ、何がいけないんだろ?
つなぎ目破綻も起こり、いくぶんマシなものをPhotoshopで補正したのが冒頭のそれ。
日の出(6時51分)後だけど、これ以前のものもコントラストは低かったよ。

ここまで像が悪いのは空の状態(シーイング、透明度、薄明など)か、バローレンズか、補正板の汚れ(多少の結露も)か、ピントか、FireCaptureの設定か…。C8じゃ解像度不足だからC11とかじゃなきゃダメとかはないよな、まさか。
おそらく複合的要因だとは思うんだけど、だいぶハードルが上がってしまったような気がする。
一筋縄ではいかんな。

FireCaptureもカメラを認識しなくなったり、フレームレートが15FPSに落ちたり(Parallels経由のせいもあろうが)、RegiStaxがフリーズしてタスクマネージャーのお世話になったり、さんざんだった。
もうちょっと楽にきれいに星の写真を撮れるようにならんもんかねえ。21世紀なんだし(・ω・`*)

« 赤道儀の移動と再セッティング | トップページ | アルデバラン食撮影できず »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

LIFEさん
光軸については自分もまだ調整したことないし、シュミカセがどこまでそれに敏感なのかもわかりませんが、ピントをずらしてみたリングがひどく偏ってなければだいたいいけるんじゃないかとは思うのですが…。
中古で入手されたのでしたらお店で調整してもらうのも手ですね。でもショップでやってくれるのかしら? セレストロンの海外の工場送りになったりしたら大変ですね。
光軸以前にシーイングはかなり悪そうではあります。熊森さんでさえかなりぼけた画像になっちゃってますし。
ブログへのリンクはかまいませんよ。

こんばんは~♪
了解です!気持ちは痛いほど分かります。(^^)
ところで私は一回、KYOEIさんにメンテナンスに出してみようと思います。補正板の清掃や光軸合わせなど。プロに任せてみて、撮影してみて、どうしてもだめなら上位機種を手に入れたいと思っています。しかし、先立つものが.....f(^^;

さて、雅@管理人さんの此のページを私のブログのリンクに追加しても宜しいですか?

それではまた。失礼します。

LIFEさん
2,000mmF10のC8ですから、5倍バローだと10,000mmF50ですからね^^;
NexImage5はまだ処分してないので(笑)224と取っ替え引っ替えすれば見比べることは可能です。ただ、交換してピント合わせて…なんてやるのがめんどいので^^;
ピント合わせは、足場が揺れないようにベランダの床を踏まないように身を乗り出し、反対側にあるパソコンのライブビューを見ながらするというめちゃくちゃ大変なやり方をしているんです。
また、窓を開けておくと気流が発生して像が揺らぐし、油断すると猫がベランダに逃げるという枷も(苦笑)
この辺のしちめんどくささ+224の像が期待通りじゃない事などが、ここのところやる気をなくしちゃってる理由です。
なんとかもっと楽に観測できるように考えたいのですが。
でも惑星撮影はやめるつもりないので、徐々に復帰していきたいと思います。

雅@管理人様
こんばんは。

そうなんです。私はバローを5×と3×持っているんですが5×を使ったときに自分では過剰倍率だとは思わなかったのですが同じC8で撮影されてよく月刊天文ガイドとか星ナビで採用されている東京の「栗原孝雄さん」のページを見つけ..............................「星からの贈りもの」
http://sky.geocities.jp/kuri_yutsu/index.html
やはり撮影についてメールで問い合わせた結果。彼から「C8に5×は過剰倍率ですね。」というれ3×を買い直しました(笑) 今は3×を主流で使っています。また画像の大きさはFireCapture2.5で大きくして見ています。今夜も今まで観望していましたがシーイングが悪かったです。

ところで雅@管理人さんは昔のNexImage5に戻してみることはできるのですか?できるのであれば、再度そのカメラで見たらどうかな?と思います。私も補正板を掃除したりしました。あと画像加工の仕方などを実際、熊森さんにメールで教えて頂き私の撮影データとスタック画像(AutoStakkert!2.6.8)をメールで添付して見てもらいました。そしたら先ずピントや光軸が合っていないか。若しくはシーイングが悪いからですよ。と言われました。とりあえず木星を撮り続けてみてください。といわれ毎晩やってますが本当にシーイングが悪いです。なかなか良い条件に恵まれず私もめげそうですが頑張ってます。(笑)
今夜は、その件に関して検索したら雅さんのページに辿り着いた次第です。これも何かのご縁です。宜しくお願いします。(^^)

LIFEさん
はじめまして、いらっしゃい。
同じ環境の方がいらっしゃって良かった(笑)
自分の場合、シーイングの悪さに加え、本文に書いた通り、新しい機材(ソフトも含め)に慣れないのもありそうです。
224MCでくっきりはっきり大きく撮れるものと思ってたのに、がっかりしてやる気なくしちゃってます。
去年の今頃は、感度は低いしノイズも多かったけど、NexImage5でそれなりにきれいに撮れてたのに…(T_T)

LIFEさんは5倍のバローを使われてるんですね。ご自分で過剰倍率だと書かれてましたが、224の感度を持ってしてもかなり暗くなりませんか? 
3倍のバローも使われているようですね。自分も2倍バロー買ったばかりなのに、大きさが期待外れだったので3倍か5倍を買おうか迷ってます。
気候もこんななので開店休業中なのですが。

自分もまだまだですが、こちらこそどうぞよろしくお願いします。

雅@管理人様
はじめまして。

私と同じ鏡筒とカメラで、また同じ悩みなので共感して読ませて頂きました。
私は昨年、中古のC8-EXを知り合いから譲って頂き赤道儀だけはSXPを入手して自宅マンションベランダから惑星観望をしています。
ところでシーイングが悪いのかC8-EXが悪いのか?悩みますね。
私は画像処理もあるのかと思い惑星撮影で有名なRB星様にメールでFireCapture2.5とRegiStax6の使い方をメールで直々に教えて頂きました。この1週間の出来事です。今のところシーイングが本当に悪いらしいです。晴れたら私も再度、撮影してみて画像処理に挑戦してみます。私の今までの木星画像とかは私のブログを見てください。雅@管理人さんと同じような写りです。
私もC11が欲しいですが当分はC8-EXで撮影してみます。RB星様は惑星観望は「しつこい!」ぐらいしないとダメとか仰っていました。(笑)

それでは、これを機会に宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/64736089

この記事へのトラックバック一覧です: ASI224MCテスト/木星:

« 赤道儀の移動と再セッティング | トップページ | アルデバラン食撮影できず »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30