Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

« 夏日 | トップページ | イッチー脱走 »

2017/04/17

赤道儀の位置を元に戻す

正月明けのアルデバラン食が見える位置に移動しておいたベランダの赤道儀を、元の通りの窓からすぐの位置に戻した。

なんども書いてる通り部屋の中のパソコンで惑星撮影しているのだが、ベランダを踏むと視界から外れてしまって導入やピント合わせに支障が出るため、ベランダを踏まずに窓から手を伸ばして操作できる位置に常設していたのだ。

それを西の空や天頂にまで向けられる位置に移動していたのだが、やはりピント合わせが至難の技になってしまったので戻したというわけ。
アライメントも極軸もリセットされちゃうけどしょうがない。
どうせ撮るのは惑星だけなので、Advanced VXのソーラーシステムアライメントを使って木星でアライメントを取り、極軸アライメント機能で極軸も合わせた。
どこまで正確に合わせられたかわかんないけど、ほっといてすぐに流れちゃうほどじゃないし、時々ステラナビゲーターから望遠鏡の向きを調節してやればなんとかなる程度だから、とりあえずはいいだろう。
窓を開けておくと室内外の気温差で気流が発生して像がボケるのはしょうがないけど、それでもベランダを踏まずに手を伸ばすだけでピントを合わせたりレンズを取り替えたりできる位置なので、ずっと楽だ。

ついでに先日鏡筒の巻き付けフードも買ったので、これで少しでも夜露対策、コントラスト対策になれば楽になる。
税、送料込みで6千円オーバーと高いけど、植毛紙も貼ってあるしね。
ドブテイルバー(アリガタ)の部分の切り込みがされてないので今度切らなきゃな。そのまま巻いちゃってもなんとかなるけどさ。

« 夏日 | トップページ | イッチー脱走 »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60396/65162611

この記事へのトラックバック一覧です: 赤道儀の位置を元に戻す:

« 夏日 | トップページ | イッチー脱走 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30