« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018/08/29

ミーちゃん脱走

最近イッチーが脱走するので庭の柵を直してるのだが、雨が降ったりで、途中で止まってる。
今夜はそこからミーちゃんが脱走してしまった。脱走シーンは見てないけど、ネットを乗り越えたんだと思う。ここ数日正式に外を散歩させたので、火がついてしまったんだろう。
やっぱり「猫は家から出さない」という飼い方は俺は無理です。そのかわり散歩時はきちんと監視する。

たぶん柵をちゃんと直せばまた出られなくなり、コントロールできる。

夕方母が庭に出したらいつの間にか姿が見えなくなってたのだ。
こないだから連れて行ってる空き家があるのでそこに行ってみたら、案の定塀の上に座ってた。俺が行くとちゃんと鳴いて寄ってくるのがかわいい。
そのまますぐには連れ帰らず、しばらく遊ばせてあげて、9時を回った頃に連れ帰った。もっと遊びたそうだったけど、こっちにも都合がある。今日も蒸し暑いし。
また今度連れてってあげるからな。

2018/08/28

大雨

おとといは夜、昨日は夕方から強い雨が降ってきた。一度やんで、夜からもう一度。夜中にさらに強くなった。
最近急に雨ばかり降ってる。蒸すけど、気温が下がってくれたのはありがたい。
こっちはたいしたことないけど、東京では駅なんかが水浸しだって。

今年の夏は7月始めから異常に暑く、雨もほとんど降らず、8月に入って台風がかすってから少しずつ雨が降るようになってきた。
それでも36度の日とかあってだいぶ消耗した。晴れた日は相変わらずエアコン入れっぱなし。
来年はもっとひどくなるね、きっと。

2018/08/27

ミーちゃんお散歩

雨あがりの夜、唯一外出を許されているルビーが外をうろついているもんだから、ミーちゃんがネットの中から悲しそうな声を出していた。
いたたまれなくなり、こっちもビールも入ってたので、抱きかかえて外に出してやった。
今年初めにタイヤをネットの下から出し入れしてる時に逃げちゃったことはあったけど、正式に出してやるのは2年ぶりくらいかもしれない。

自由に出ていた頃によく一緒に散歩していた方に向かったら、案の定距離をあけながらついてきた。
その後ルビーも一緒になってやってきて、近所の空き家のあたりでうろうろ。
30分もしないうちに雨が降ってきてしまい、うまいこと捕まえて帰ってきた。
雨さえ降らなけりゃ、1時間くらい相手してあげようと思ってたんだけど残念。

そしたらやっぱりそれを見ていたらしく、イッチーまでどこからか脱走していた。こないだの所かな?
ルビーの後について庭に来たけど、俺を見たら車の下に隠れてしまった。やっぱりわかるんだよね、イレギュラーな外出は怒られるって。
手の届くところに来たんで首根っこ捕まえつつも叱ったりせず、家の中に連れ帰った。

勝手に脱走しなければまた夜にでもこっそり散歩させてやりたいけど、「外出たい出たい」に火がついちゃわないか、それだけ心配。

2018/08/26

夕方に豪雨

曇ってたくせに途中から晴れて35度になった。
午前中散髪に行ってスッキリ。

その後、ノミでもいてかいたせいか、少し耳元の毛が抜けてるミーちゃんを初めてのお風呂。
猫のシャンプー切らしたんで、俺のシャンプーを薄めて使った。
弱いシャワーでマッサージしながらやったら特に嫌がらずおとなしかった。かえって気持ち良さそうな感じも。
心配して風呂場の外に来てたイッチーも捕まえて餌食に。こちらもおとなしい。えらいえらい。

昨日の夜は久しぶりにイッチーが脱走を企てて、ネットを登って半身出た。その場は押しとどめたが、かわいそうなので久しぶりにバケットに入れて散歩コースに連れて行った。
30分くらいして犬に吠えられてびっくりしてたので、そろそろ潮時と思いバケットに押し込んで、回り道しながら帰って来た。なんだかんだ1時間以上。
バケットを用意すると外に出してもらえると覚えたので、開くと自分から中に入る。イッチーでかいからちょっと手狭だけどね。
帰り道もおとなしかった。

今日はその脱走経路を波板の屋根をつけて塞ごうと、波板一枚と園芸ポールを買ってきたんだけど、ボーッとしてて短いポールを買ってしまった。お金とかはいいんだけど、こういう間違いが多いので老化とか脳梗塞の前触れでは…とか心配になるお年頃。
それでもなんとかしようと思って作業してたら、3時頃からゴロゴロ鳴ってた雷雨が来た。
こないだ台風の日の明け方にあったのと同じようにバケツをひっくり返した感じ。
窓を閉めるのが遅れてちょっと濡れた。
寝てたら雷で一瞬電灯とパソコンのモニタ一台が消え、またすぐに点灯した。電圧が低くなったの?
でもパソコンの方は影響なし。助かった。

脱走経路塞ぎはネットの高さを高く直しただけで中断中。また明日以降続ける。やっぱりポールを買いなおそうかしら?

2018/08/24

台風

四国の方を北上した台風の影響で、遠く離れた宇都宮でも今朝の4時過ぎにとても強い雨が降った。
おかげで起こされて、雨が吹き込んでいないかチェックに。
でも10分くらいで強い雨はおさまった。
一気に気温を下げてくれた。湿度も上がったけど。
昼になっても風は強く、階段の上下の窓を開けておいたら、階段のホコリをきれいに外に出してくれたよ。楽チン楽チン。

このまま早い秋になってくれるとなおいいんだけど、明日明後日はまた34度だとか。

2018/08/23

8/22〜23の火星(並み)

Mars_20180822_212112200030002018/8/22 21:21:12

昼間また36度もあった。
夜になって風も少々あったが撮影。上空も風があったようで、あまりシーイングはよろしくなかったが、模様が見えてたのでスタックでなんとかごまかせた。

2018/08/22

8/21〜/22の火星(良好)

Mars_222736_20180821300040002018/8/21 22:27:18

また30度超えの日々が戻ってきた。晴れた夜空に火星が輝いてたので、吸い寄せられるように撮影。大接近中だし、サンドストームも晴れてきたし、頑張らなきゃもったいない。

見た目はリムがぼやけてたけど、RegiStaxしたら結構しゃっきりしたのがいくつも撮れた。
南極冠は眼視でも白く輝いて見えてたよ。

望遠鏡のセッティング(ベランダに出しっぱなしなののカバーを外すところから)を終えて撮影開始までに何分かかるか計ったら、13分ほどかかってた。
もっと短縮してさっさと撮ってさっさとやめられるようにしたい。理想は5分くらい。

2018/08/18

8/18の火星(良好)

Mars_211822_201808182500300022018/8/18 21:18:22
下の写真の処理がやりすぎな感じだったのでやり直した。

Mars_211822_20180818250030002018/8/18 21:18:22
(やり直し前)

昨日今日と最高気温が30度に行かず、しかも湿度も30%行かないかなり快適な日だった。おかげでクーラーの使用ゼロ。
昨日は風もあって布団を干すには良かったが、シーイングは最悪で、さっさとあきらめた。

逆に今日は一日中風がほとんどなく、夜もシーイングはなかなか良くて南中1時間前に最良だった。
処理したら模様がよく見えたので、模様優先で固めに処理をした。
マリネリス渓谷とか写ってますな。
サンドストームはかなり晴れてるみたい。もう心配いらんな。


Mars_212035_20180818350040002018/8/18 21:20:35
もう一枚は模様は少し眠いけど立体感があるので、どちらにしようか迷って結局両方載せる。

南中時刻にはシーイングも悪化したので撤収。

2018/08/17

晴れた空そよぐ風

Img_0234

久しぶりにカラッとした心地よい天気。
室内の気温は27度くらい、湿度は23%くらい。
朝から北風があって、冷房なしでいられた。
なんだか秋晴れみたいな感じ?

20180817_173307
北風は北海道の東にある低気圧が吹かせているようだ。

かび臭かった押入れの布団を全部干し、洗濯機の下の汚れも掃除した。

この後火星が撮れるといいけど、晴れても風は強いだろう。
こないだみたいに模様がよく見えれば、数打ちゃ当たるかも?w

2018/08/16

8/14〜15の火星(数打ちゃ当たる)

Mars_222246_20180814200040002018/8/14 22:22:26
C8, AVX, 2x Barlow, ADC, ASI224MC
右下に太陽系最大の山、オリンポス山(標高28000mほど)が写ってる。
大シルチスの裏側付近だけど、だいぶサンドストームも晴れてきたのかしら?

続きを読む "8/14〜15の火星(数打ちゃ当たる)" »

2018/08/14

惑星カメラで大空のタイムラプス撮影

Daylightsky_125030_20180814_0004
惑星撮影用のCMOSカメラ、ZWO社のASI224MCには超広角のレンズがついてくるので、望遠鏡につながなくても空を撮影することができる。
魚眼レンズと言っていいのかわからないが、全天が一度に撮れるわけではない。
撮影アプリはいつものようにFireCaptureで、ゲインとシャッター速度、色などを調整後、タイムラプスモードで撮影する。

初めてなので自然な色になってくれなかったり、太陽が視野にあるとまぶしすぎてかなり設定を抑えないと白とびしてしまったり、なによりもこの炎天下にひなたに置いておくのは温度上昇が心配だ。
幸い雲が出たり日が傾いてくれたおかげで60度までいくことはなかったが、午前中からずっとやっていたらやばかったかも。60度行ったら心配なのでやめようと思ってた。

以前は一眼レフでやったけど、こんな広角レンズじゃなかったし、途中で電池が切れて交換することも。
どちらもパソコンにつないでリモート撮影するのは同じ。

2018/08/13

こういう映画だと思ってた/シャイニング

Fc543ca5

スティーブン・キング作、スタンリー・キューブリック監督。有名だけどまだ見たことない映画をこのたびようやく見た。

俺が想像してたあらすじ

ジャック(ジャック・ニコルソン)は過去に精神を病んで相手に瀕死の重傷を負わせる事件を犯し、先ごろようやく精神病院から退院したばかりだった。
ウェンディは食べていくため、冬になると雪によって陸の孤島になるホテルを安く譲り受け、営業を始めた。ここは遠い昔に殺人事件があったのだが、聞かされていなかった。
冬になり、そのホテルにジャックが泊まり客としてやって来たが、猛吹雪になってウェンディとジャックは二人きりで数日過ごすことになる。
建物の陰気な雰囲気のせいで、ジャックは幽霊とも幻覚ともわからない不思議な現象を体験する。廊下の先に立つ双子の少女、浴槽の腐乱女性、誰もいないはずの広間でダンスをする人々の声…。
怪奇体験の連続に、ジャックは過去の暴力性の精神病を呼び起こしてしまう。
日に日に目が座ってくるジャック。ついには斧を手にウェンディを追い回す。
鍵をかけた扉の中に逃げ込んだウェンディを、ジャックの斧が追い詰める。この部屋こそ、遠い昔に忌まわしい殺人があった部屋だった。過去の殺人鬼が乗り移ったかのように完全に頭のいかれたジャックは、割れた扉の隙間から顔を出す。「お客様だよ!」
手痛い傷を負いながらもすんでのところで命拾いしたウェンディは、雪の古森をさまよいながら、ジャックを古い井戸に落として難を逃れた。
ようやく雪が止んで朝日が昇って来た。山を降りる唯一の道にたどり着くと、あるはずのない自分より先を行く足跡が。その先には斧を持った瀕死のジャックが朝日を背に立ったまま生き絶えていた。
本作のタイトルは、後光があるかのように輝くジャックの美しくも恐ろしい死に様である。

…とまあこんな内容かと思ってたんだけど、まただいぶ違いましたなw

以下の本当のあらすじは、超絶ネタバレなので注意。

続きを読む "こういう映画だと思ってた/シャイニング" »

2018/08/10

暑さと大雨と

台風で一時的に10度(最高と最低の差)くらい低くなった気温も、今日また34度と酷暑に。
寒暖の差でげんなりしてたところ、夜7時前、急にiPhoneが変な音を発した。

Img_420eb27cac621_2
何かと思ったら宇都宮市からの通知で市の北部の町に土砂災害による避難準備、老人の避難開始とのことだった。
緊急地震速報以外にもこういうのがあるのな。初めてでびっくりした。

20180810_193540
うちの方はほとんど降ってないけど、ちょっと北に行くとこのとおりひどく降っているようだ。
こっちももう少し降ってくれてもいいんだけどな。

2018/08/06

久しぶりのまとまった雷雨

ゆうべは夜になってようやくまとまった雨が降ってくれた。先月28日土曜日に台風がかすった時以来だ。
Yahoo!の雨レーダーの予測を見たら北の方ではかなり降ってるものの、うちの辺りはかする程度で東に去っていくようだったため、最初ポツポツ降り出したもののあまり期待はしてなかった。
一度やんでもう一度降り出したらそれが本降りで、宇都宮名物の雷をともなっただいぶまとまった雨になってくれた。雷は慣れっこだと思ってたんだけど、久しぶりだったせいかちょっとこわかった。何度か落雷のような大きな音もしていた。
昔は2〜3日に一度は必ず夕立で雷雨が来たもんだけど、最近はほんとに減ったわ。

おかげで今朝はわりと楽。曇ってるし。ただ湿度が高いんでエアコンは欠かせない。
エアコンといえば、7月中の電気代が14000円くらいになってた。先月の倍。一日中つけてるからね。
でも命と引き換えだからやむを得まい。病気になって入院なんてしたらそれどころじゃなくなるし。

政府には「打ち水やサマータイムで対策しましょう」なんてアホなことしてないで、地球温暖化やヒートアイランド現象に真剣に対処してほしい。
屋上緑化に補助金出すとか、空きビルを撤去して緑地にするとか、国単位、自治体単位でも何かできることあると思うの。
さっさと対策取らないと金星みたいになるですよ? まあ人間が死滅して温暖化の発生源がいなくなれば、このくらいの気温変化は地球という惑星としては吸収して元に戻ると思うけど。

15年の歩み

Img_0159

Mars_005118_2018080120003000

上が2003年の火星大接近時に、当時ようやく購入したコンデジで撮影した火星。
下が今年の火星大接近時に望遠鏡で撮影した火星。15年の歩みを感じますなあ。
2003年当時はこの程度の写真でも満足だったっけ。1〜2秒の露出だけでも目では見えない星がいっぱい写ってさ。興奮したもんだ。

この調子でいくと次の大接近時は、自前の火星探査機でも飛ばして撮ってるかもしれない!?

2018/08/05

暑さがおさまらない

こないだの予報では金曜日あたりから暑さがひと段落して32〜3度台になるはずだったのに、一向におさまる気配を見せない。
雨についても「山沿いを中心にところによっては強い雷雨が…」なんても言ってるけど、まったく降らない。
今日も朝からエアコン様にすがっている。

8/4の木星 まだ終わってなかった

Jup_194844_20180804200030002018/8/4 19:48:44

南中時刻も早いし、もうシーズンも終わりと思い撮ることないと思ってた木星だけど、火星への準備で
気温順応のためにセッティングしたついでに撮っちゃった。
MacのFireCaptureで撮る方がちょっとだけ楽だけど、Macで撮った動画をRegiStax6で開こうとするとファイルダイアログのプレビューの段階からえらい時間がかかるので、Windowsで撮った。やっぱりプレビューも早い。

鏡筒の温度順応してないし、南中だいぶ過ぎてるし、輪郭はかなりガタガタだったけど、つなぎ目破綻もなく模様も予想より写ってくれた。
でもほんともうシーズンオフだよな。

その後すぐに曇ってしまい、晴れなかったので本命の火星は撮れず。

2018/08/02

キチガイ暑さ続く

先週末に台風がかすってから、また35度前後の日が続いてる。
単に気温だけじゃなく、たまりにたまった疲れが出て、胃が重だるかったり。
一度良くなったはずの便秘もまた。
明日金曜日を境に少しだけ気温が下がるらしいけど、それでも33度とかその程度。
早く飽きが来て欲しい。

2018/08/01

7/31〜8/1の火星大接近

Mars_005118_20180801200030002018/8/1 0:51:18
C8, AVX, 2xBarlow, ADC, ASI224MC2

7月31日16時50分に大接近を迎えた火星。
9時過ぎから撮影開始。低い頃は輪郭が揺らいで二重になったりもしたけど、11時30分頃の南中前後からかなり改善された。
日付変わって鏡筒が反転しなきゃいけないギリギリまで粘って大シルチスを写した。この付近は割とサンドストームが晴れてるけど、発生前と比べるとだいぶ違う。
エアコンが使えないので(振動でブレるから)体ベタベタになった。
とにかく、当日晴れてくれてシーイングもそこそこ良かったことは良かった。

せっかく15年ぶりの大接近だから、もっと高倍率のバローレンズででっかく写した方が良かったかな? とも思った。まあでもそんなにお金ばっかりかけられない。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30