« エアコン清掃、明日から5月なのに夏日 | トップページ | 5月に北海道で39度って… »

2019/05/25

AdvancedVXのグリス塗り直し失敗

Img_1858

セレストロンの赤道儀、AdvancedVXの赤緯軸の動きが購入後ちょっとしてからだいぶ重くなり、気になっていた。寒い夜の使用でグリスが劣化したと考え、以下の方のブログを参考にグリスの塗り直しをしてみることにした。
ADVANCED-VXの赤緯軸の分解清掃記事をクリップする

結果から言うと、グリースを塗り治すべき赤緯軸とウォームギヤ(というの?)が外れてくれず、グリースが塗り直せなかった。ベアリングがなくて金属同士の噛み合わせで接続されており、グリースが劣化したらもうダメ。最初は手で回ってたんだけど、そのうちうんともすんとも動かなくなった。

良くないんだろうけどCRC556を挿してみたり、ドライバーでこじって少し浮かせることはできたが、それ以上は動いてくれず、プラスチックのパッキンが変形するだけなのであきらめた。
しょうがないから上の差し込み口の方に新しいグリースを塗っといたので、夏の暑さで溶けて隙間に入ってくれるのを期待する程度。

組み直したらちゃんと動いてくれ、さほど重さも変わらないような気がするので、だましだまし使ってみることにする。どうしようもなくなったら販売店送りだわな(笑) まさかアメリカか中国の工場に送って調整したりするのかしら? こういう時は日本のメーカーの方が心強い。

モーター以降のバラシは初めてだったんだけど、思ったよりは簡単だった。でも赤緯軸にたどり着くまで手順が多いんで面倒。
モーターの歯車も外したわけなので、バックラッシュが変になってないといいが。

なかなかうまくいかんというお話でした(笑)

« エアコン清掃、明日から5月なのに夏日 | トップページ | 5月に北海道で39度って… »

自然・宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エアコン清掃、明日から5月なのに夏日 | トップページ | 5月に北海道で39度って… »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31