« 大雨 | トップページ | ベランダの猫ケージ完成 »

2020/04/28

ベランダの猫ケージ

Photo_20200428113601

脱走を気にせずとも猫をベランダに出してあげられるよう、ケージを作った。今イッチーがタオルケットの中でさっそく寝てくれてる。今までは監視付きで庭に出してたけど、その間は人が落ち着いていられず大変だった。これなら俺が部屋で作業してられる。しめしめ。

だいたい縦910mm×横150×高さ1820と、大きく作った。余裕を持って入ってもらうためと、中に入ってメンテがしやすいように。
骨組みは木で作り、釘を使わずにネジ止め。ケージはダイソーのワイヤーネット、1枚200円×36枚を結束バンドで止めた。これらはいずれ不要になった際に解体、処分しやすいように。
作るのはちょっと手間だったけど一週間もかかってないし、切って長さが簡単に調整できるのは便利だ。一度横を材木切らない1820mmで作ったけど、デカすぎて少し切った。腐食防止のペイントを二度塗りするのが一番手間だった。
イレクターだと作りやすいだろうけど金属だから処分時に困るし。
ホームセンターに売ってた激安の金属製本棚(180cmくらいの高さで1個4500円くらいだった)を2つ買い、棚を互い違いの高さにして登れるようにすることも考えたんだけど、やらなくて良かった。

屋根と出入り口は未完成。
屋根は波板を貼りたいけど、隙間なくしっかり貼らないと脱走されるし、少し斜めにしないと雨がたまる。ただ波板の幅は80cmが規格らしく、10cmくらい小さいことになるので、悩んでる。
屋根がないと雨の日に出してあげられないし、真夏の日除けにもなるものじゃないといけない。波板じゃなくても遮光性、日除け性能の高いものがあればそれでもいいな。
材料が決まるまで使えないのも困るので、今は仮に害獣防止ネットをかぶせ、荷造り紐で結え付けてる。

出入り口は人が入れる大きさじゃないといけないし、猫が乗り越えて脱走したりできないように考えないといけない。今は窓にぴったり付けてるから窓を狭く開けるだけでいいけど、このままじゃ人がベランダに出るのが大変なので、戸袋をよけ、ベランダの壁にぴったり付けるようにしたい。そうすれば猫が東側を見渡せるようになるし。
猫の方のは窓を開けるサイズに合わせて木枠かワイヤーネットを組み合わせるか? 人の方のは開け閉めできるドア(引き戸にするか開き戸にするか)にしたい。

登る足場にもなる棚板は載せてあるだけで、ネジ止めはしないつもり。よほどのことがなければ動いたり落ちたりしそうにないから、位置を変えたり、ケージ全体を移動するときにすぐ取り外せるように。ワイヤーネット貼ったらかなり重くなったんで、少しでも軽くできる方がいい。

イッチーだけじゃなく、ミーちゃん、今まで散歩にも出してあげられなかったレオもさっそく中に入れてあげた。もっともっと喜んでもらえるよう、今後も中を充実させていきたい。

« 大雨 | トップページ | ベランダの猫ケージ完成 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大雨 | トップページ | ベランダの猫ケージ完成 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31