« イッチーが吐いちゃう | トップページ | イッチーがほとんど食べない »

2024/05/07

イッチー通院、治療、腎臓病

連休後半前から嘔吐を繰り返して食べなくなったイッチーを、朝一番で獣医に連れて行った。
血液検査、レントゲン、エコー、点滴、注射と、検査と治療のフルコース。
嘔吐の原因はわからなかったけど、それとは別に慢性の腎臓病になっているといい、腎臓の形が変形してしまっているという。
吐き気どめの錠剤ももらい、3万5000円も払ってきた。お財布が痛い。

帰ってきてから庭の毛布の上で休んだ後、押入れの上に自分で上って寝た。
夕方ちゅ〜るを一口食べてくれたので、夜の分の薬を混ぜたけど、まだ少ししか食べられないようで、薬がもったいないから指につけて口に押し込んだ。
夜に大好きだった缶詰を少しあげてみたけど、一口舐めたか舐めないかくらいでやめてしまった。
水も少し飲んだけど、もう吐かない。良かった。

今も机の横に丸くなって眠っている。このまま死んじゃうんじゃないかと心配になるけど、生命力は強いから大丈夫だと思う。明日になれば食欲も戻ってくれるだろうと期待。

腎臓病は進行を遅らせるくらいしかできないらしいので、また療法食なんてことになるのかな? ルビーのと同じだとして、2キロで6500円とかするんだよな。高い…。
今までカリカリ食べて吐くことが多かったのも腎臓のせいだったんだろうか。猫はただでさえよく吐くからわからんのよ。
とにかく早くよくなあれ。

« イッチーが吐いちゃう | トップページ | イッチーがほとんど食べない »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イッチーが吐いちゃう | トップページ | イッチーがほとんど食べない »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30