Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

カテゴリー「自然・宇宙」の303件の記事

2017/06/16

今宵の土星(マシ)

Sat_2318052017/6/16 23:18:05
C8, Celestron 2xBarlow, ASI224MC, AVX

久しぶりに惑星撮ってみた。
地表の風が落ち着き、上空も多少雲があったのでシーイングを期待したんだけど、木星はお話にならず。
ターゲットを衝を一日過ぎた土星に。
最初こそ高度も低く揺らいでいたが、木星よりはマシ。11時36分の南中時刻が近づくにつれてだいぶ改善してきた。満足いくシーイングじゃないけど、まあまあか。
大気による色分散はADC買わないことにはどうしようもないが、それでも今日はさほど目立たない。南中近かったからか?

昼過ぎから何度もヒョウ混じりの雷雨が降ったので、夜露も降ったけど、巻きつけフードのおかげで撮影には問題なし。鏡筒はちょっと濡れた。

2017/06/09

ストロベリームーンだそうだ

_mg_4960よく知らんのだが、今夜はストロベリームーンと呼ばれる満月らしい。
地球からの距離が最遠になるので、なんだかんだあって地球の大気を通って見える月が桃色になるとかなんとか。
実際はそんな色にゃならないらしいんだけどね。
なんでもかんでもナントカムーンってつけるよね。
ちょっと夕立があった後、曇ってたんだけど、夜遅くになって晴れた。

2017/05/29

今宵の木星(ちょっとノイジー)

シーイングは良かったけど、透明度が今ひとつだったのか、ちょっとノイジー。
空の状態によって大きく違ってくるよね。
撮り始め、大赤斑は真正面を向いていて、眼視でもよく見えた。

Jup_192935_nearestneighbor2017/5/29 19:29:35
C8, Celestron x2 Barlow, ASI224MC, AVX


Jup_203854_nearestneighbor5/29 20:38:54

2017/05/28

Blu-rayドライブを買う

惑星の動画撮影をするようになってから、1回数GBにもなる無圧縮で動画が外付けHDを圧迫していたので、それを保存すべくBlu-rayドライブを購入した。
最近は1枚100GBのXL規格のディスクが出てるので、そいつに保存すればいいと思って。

HDみたいに追記できると思ってREのディスクを買ったんだけど、よほどそれ用の書き込みアプリを使わない限り、ライトワンスなのな。
まとめて一度に書き込めても、ちょこちょこ追記はできない。
空き容量に書き込みたけりゃ、一度ディスクを初期化してもう一度書き込まなきゃいけない。

オーマイガー。
21世紀にもなってまだこんな使い方しかできないのか。

XLのディスクは今のところ1枚1000円くらいなので、もし1TB分保存したいなら10枚で1万円かかる。
それなら3TBくらいのHDを通販で1万円くらいで買う方が圧倒的に安いな。読み書きも速いし。
まあでもいちいちでかいドライブ購入するってのもかさばるしね。メディアが薄いってのはやっぱりメリットですよ。
今後メディアの価格が下がれば価格差も埋まるだろうし。
耐久性についてはどっちが長持ちするだろうね。
DVDなんて、10年もしまっとくとカビみたいのが生えて読めなくなることがあるし。HDも消耗品と思えって言われるくらい数年で壊れるし。(もっともHDはパソコンにつないで使ってるから使用頻度が高いが)

まあよほどの内容以外、俺レベルの撮影データなんて消えてしまっても惜しくはないのだけれど。

2017/05/22

今宵の木星、土星(とてもよかよか)

Jup_202517_nearestneighbor2017/5/22 20:25:17
C8, Celestron x2 Barlow, ASI224MC, AVX
映ってる衛星はエウロパ。
大赤斑から模様がつながって赤道を横断するように筋が伸びてるけど、前後に撮影したものには明確には写ってない。
繋ぎ目破綻に近い現象なのか、そのほかの原因なのかはわかんない。

Jup_202455_nearestneighbor直前の20:24:55に250フレームほど試験撮影したもの。

模様のつながりが自然なので実際にそういう筋があったのかとも疑ったが、ほかの人の鮮明な写真にもないので、たぶん俺の処理上の問題だろう。

昨夜は撮れなかったけど、今夜もシーイングは超良かったよ〜。赤道地帯の模様がよく出てる。
このいいシーイングがいつまで続くかね。昼間の気温はすでに連日30度オーバーと、この夏が心配になるけど。
大赤斑は通り過ぎてちょっとしか写ってないけど、まあそれも良し。大赤斑だけが木星じゃない。

そろそろ撮影用HDがいっぱいになってきた。いいの以外は消してるけど、それでももういっぱい。BDドライブでも買って、それに保存するか? 最近は100GBのメディアも出てるし。

続きを読む "今宵の木星、土星(とてもよかよか)" »

2017/05/20

今宵の木星(さらに良く)

昨日に引き続いて今日もとっても良かった。
何も言わずとにかく貼る。

Jup_193222_nearestneighbor2017/5/20 19:32:22
C8, Celestron x2 Barlow, ASI224MC, AVX

続きを読む "今宵の木星(さらに良く)" »

2017/05/19

今宵の木星と土星(今季最高)

Jup_204952_nearestneighbor2017/5/19 20:49:52
C8, Celestron x2 barlow, ASI224MC, AVX


Jup_213624_nearestneighbor21:36:24

Windy見たらあんまり良くなかったんだけど、時間とともにシーイングが改善され、木星は今季最高の写真となった。
RegiStaxで色ズレ補正とガンマをいじる以外は、あんまりPhotoshopElementsでやることがないくらい。まあ最終的にはいろいろいじったけどさw

PhotoshopElementsにガンマ補正のトーンカーブがないもんだから今までできなかったけど、RegiStaxでやったらこれが便利。
中心部分を白とびさせないようにしつつ、輪郭を明るくはっきりさせることができた。もっと早く気づけば良かった。
今までは赤道付近の細かい模様がなかなか写ってくれなかったのだが、今回は良く写った。
ガンマをいじったせいじゃなく透明度のおかげだと思うけど、全体を明るくするかわりに切り捨てざるを得なかったトーンが少しでも残せるのはありがたい。


Sat_235854_nearestneighbor5/20 23:58:54

対して、土星の方は0時近くまで待っても高度が低く、色ズレも相変わらずなので、1時半頃の南中まで待ってられず、眠くなってあきらめ。
土星は小さくしか撮れず表面の模様もわかりづらいので今ひとつ面白くない。画面いっぱいにドーンとでっかく撮れるようになると面白くなるんだろうけどね。白斑とかあったりさ。
今後は南中時刻がもっと早くなってからにするか。

昨夜の木星と土星(木星よし、土星ファースト)

Jup_195607_nearestneighbor2017/5/18 19:56:07
C8, Celestron x2Barlow, ASI224MC, AVX
衛星はカリスト。

昼間ちょっと小雨が降ったみたいだったけど、Windyを見たら地表付近から1万メートル付近までかなり風が穏やかそうだったので、7時過ぎから撮り始め。
シーイングは良かったけど、透明度が今ひとつ。それでも木星の模様はよく出てくれた。
注目してるオーバルBAが見える頃になると木星は南西の方角に移ってしまっており、シーイングも悪化。


Sat_004802_nearestneighbor5/19 00:48:02

低いながらもそろそろ土星も上ってきてるので、このカメラで初の土星撮影。
シャッタースピードや明るさ、色味などを調整しながらの撮影。
やっぱり高度が低いためにシーイング悪いし、大気の色分散による色ズレも大きい。
RegiStaxで色ズレ補正もかけたけど、完璧には程遠い。ADCはいずれ買います。
南中は2時近くだけど、曇ってきちゃったし、シーイング回復しそうにないので1時前に終了。

続きを読む "昨夜の木星と土星(木星よし、土星ファースト)" »

2017/05/09

Macで惑星撮影

あらかじめ断っとくと、純粋にmacOS上でって記事じゃないよ。
macOSの上でParallelsを動かし、その上で動くWindows上でアプリを動かしてますってお話。

macOS上だけで完結できれば一番楽なんだけど、撮影のOaCapture、コンポジットとWaveletのLynkeos共に不安定で作りも良くないので、Windowsのアプリを使ったほうが便利だ。

今は撮影にFireCapture v2.5、コンポジットとWaveletにおなじみのRegiStaxを使ってる。

NexImage5の頃は、Parallels経由でiCapを使うとVGAサイズ以外ではフレームレートがやたら遅くなり、解像度によってはエラーメッセージが出てプレビューさえできなかった。
FireCaptureはキャッシュにRAMディスクを使ってくれるので、HDが多少遅くても高速撮影が可能だ。(RAMディスクがいっぱいでHDに書き込んでる時は遅くなるが)
NexImage5が遅いのか、iCapにRAMディスクがないからなのかはわからない。

現在のASI224MCとFireCaptureの組み合わせでは、Parallels経由で使ってても速度的に問題を感じたことはない。
ネイティブなWindowsPCと比べたらまたどうかわからないし、今後よほどmacOS上の天体アプリが充実してくれりゃ別だけど、当面はこのままでも十分っス。満足っス。

20170504_201017これが今の撮影環境。
左半分がFireCaptureで、右半分がステラナビゲータ(望遠鏡の操作もしてる)。後ろにはRegiStaxが隠れてて、空き時間にどんどん処理してる。

FireCaptureはRAMディスクの他にもAutoAlign機能が便利で、望遠鏡が多少揺れてもリアルタイムで位置を補正して画面中心に撮影してくれる。これはRegiStaxする時にもいい効果が得られるんじゃないかな?

2017/05/08

今宵の木星(白い筋)

Jup_211124_nearestneighbor2017/5/8 21:11:24
C8、2xバロー、ASI224MC

左がエウロパと、木星に落ちたその影、右がイオ。
SEBから赤道にかけて白い太い筋が見える。
今月の天文ガイドにアウトバーストがあるって書いてあったから、ひょっとしてそれ?
どれがアウトバーストなのか具体的な写真がなかったけど。

Jup_212943_nearestneighbor2017/5/8 21:29:43


昼間気持ちよく晴れてたので夜もバッチリかと思ったら、ピントが合わせづらいくらいなシーイングの悪さと薄雲。
徐々に回復したのを見計らって撮ったが、近くに月があることもありコントラストもよろしくなく、模様もぼんやり。
ピントは合わせ直してみたんだけど、これ以上は空まかせのようだ。

その後曇っちゃったし、疲れてたんで土星は今夜もなし。もっと南中時刻早くなってからね。

より以前の記事一覧

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30