Google AdSense


Amazonでお買い物


無料ブログはココログ

カテゴリー「自然・宇宙」の312件の記事

2018/01/24

久しぶりの天体撮影

2018_01_23_img_0132オリオン大星雲

2018_01_23_img_0153静止衛星。
赤道儀の赤経ボタンを押しながら静止衛星の動きに同期させ(実質天体を追尾してないことに)、静止衛星を点に写してみた。

続きを読む "久しぶりの天体撮影" »

2017/12/13

来年は火星大接近

前回は4月頃だったと思ったけど、来年は7月頃なのね?
それに合わせて器材を増強したいところ。

大気色分散補正のウェッジプリズム
3倍以上のバローレンズ

の2点が購入候補。

バローレンズは2倍のを持ってるが、惑星カメラの解像度の問題で期待したほど拡大されなかったので、もっと大きく写したいのだ。
3倍と5倍が売ってるけど、その分像が暗くなることを考えると、3倍くらいで我慢せざるを得ないか? ASI224MCが高感度って言ったって、空が澄んでないとゲインを上げざるを得なくなり、それがノイズの増加につながる。
5倍でチャレンジしてる人もいるけど、シーイングと追尾精度の要求がさらに厳しくなるみたいで、性能を活かせる機会は少なくなるかもしれない。
手に届く範囲の製品に4倍ってのはないし、間とって3.5倍くらいがあると嬉しいんだけど(^^;)

ウェッジプリズムを使う場合、バローレンズ使用時の焦点距離が変化してしまうことがあるため、変化が少ないテレセントリック設計(なんのこっちゃよくわからんが)のバローレンズの方がいいらしい。
そうなるとExplore Scientific社の3倍フォーカルエクステンダーってのしか選択肢がない。

セレストロンの純正3倍はテレセントリックなんちゃらじゃないから一応除外。もし間にウェッジプリズムを挟むことで焦点距離が少し伸びて実質3倍以上に拡大してくれるなら願ったり叶ったりだけど、もし逆に焦点距離が縮むなんてことになったら困る。光学系のことはわからん。

ウェッジプリズムは少し慣れが必要だから早めに購入して練習して、バローレンズは後で買おうと思う。

今年の夏は夜間曇ってばかりでひどかったから、来年は天気がいいといいな。

2017/11/17

イリジウムフレア62の撮影

iPadのSpaceStationというアプリが、ISS他の見やすい人工衛星の通過を教えてくれる。
今日もイリジウムフレア(イリジウム衛星という通信衛星が通過時にキラリと光る)が1時間後にあるという。南の空低めなので、ベランダからも撮影できる。急いで望遠鏡をセットした。

_mg_5618IRIDIUM62 -4.2等級
2017/11/17 18:14:08
C8、EOS kiss X7i、AVXの直焦点撮影
ISO3200、1/320秒

続きを読む "イリジウムフレア62の撮影" »

2017/11/02

天王星、海王星、AVXの不調

まずは惑星写真から。

Photo天王星。(左の明るく大きい星)


Photo_2海王星 with トリトン

さて、こないだいじった時、なぜかAVX赤道儀のホームポジションがずれてしまい、今日改めてアライメント作業をした。
アライメント候補として挙げてくる星はマイナーなものがほとんどで、しかもベランダからじゃ屋根や壁の陰になって導入できないものばかり。
それでもフォーマルハウトあたりでアライメントを取ったんだけど、操作がイマイチよくわからないまま「キャリブスター」ってのを試してみたせいか、その後導入しようとすると全然関係ない方向を向いてしまうようになった。電源入れ直してもダメ。
しょうがないんで工場出荷時の設定にリセットして事なきを得た。
設定がリセットされたから、導入速度がデフォルトの最高値に戻ってしまい、エライうるさいことに(>_<) アライメント取り終わるまではそういった設定に入れないんで困るね。

ホームポジションがやはりずれることが多い。きちんと目印を合わせて、メニューからSetをしたんだけど、うまく合ったり、またずれちゃったり。何がいけないんだろう。

再びツースターアライメントを取る。
ついでにステラナビゲータに接続して、天王星と海王星を撮影。
アライメントがうまくないんだろう、以前の方が導入精度は良かったな。
ステラナビゲータと接続したせいなのかしらないが、最後にやはりホームポジションが微妙にずれちゃってた。しょうがないんでコントローラで合わせてあらためてSetして終了した。

AVXとステラナビゲータのアライメント、同期がどう関係してくるのかとかよくわからん。
また次に使う時にアライメントやホームポジションがずれたりするんだろうか。
AVXの日本語マニュアルも図がないからわかりにくいよね。全部の機能を説明してるわけでもないし。
コピーでもいいからもっとちゃんとしたマニュアル作ればいいのに。
俺のは送られてきたときはホチキス留めもいい加減で、紙がぐちゃぐちゃだった。テキトーな商売するなよ。

2017/10/31

海王星初撮影

猫が庭で遊んでる隙を見計らって、赤道儀のアライメントを取った。
AVXが候補として挙げてくる星がベランダからは厳しい星ばかりで、相変わらず難儀した。
星の名前だけしか出ないんで、いちいちステラナビゲーターとかで調べないと何座にある星か、今どっちの方角に出てる星かわからないのは面倒。
(AVXの候補の星で、ステラナビゲーターで検索しても出てこない星が結構ある。星の名前の呼び方の問題?)

一応4つくらいでアライメントした後に、海王星が出てるってんで、導入してみた。
初めて見るけど、思ったよりは明るい。
急遽EOSで撮影。

_mg_5552海王星
C8、EOS kiss X7iの直焦点

続きを読む "海王星初撮影" »

2017/10/29

C8でハッブル

20171029_225532

こないだ久しぶりに晴れたんで月をC8の直焦点撮影してたんだけど、
_mg_54902017/10/27 17:55:02
C8、Canon EOS kiss X7i、直焦点
この後すぐに月の下をハッブル宇宙望遠鏡が通過するってわかったんで、つないでたステラナビゲーターで軌道を調べ、通過する場所に望遠鏡を自動導入して、動画撮影して待ってたんだわ。
そしたら見事視野の中をハッブルが通過したのが撮れたよ。
1/30秒だからぶれぶれだけど、静止画撮影にして感度を上げて高速で連写したら結構撮れるんじゃないか?
ISSなら明るいからもっとやりやすそう。
今度試してみたい。
これはステラナビゲーターで通過軌道に望遠鏡が向けられるからできることだな。便利便利♪

2017/09/08

大規模太陽フレア

SolarflaresmallC8とEOS kiss X7iで撮影。
上下2枚の合成。疑似カラー。

9/6に大規模な太陽フレアが発生したようで、今日は朝からプラズマ粒子が地球に飛んできてるはず。
今のところ何の影響も見られないけどね。以前はこれが原因で北米で大停電とかなったから、なんもないといいねぇ。

Solarflarecloseup
アップで。

2017/07/15

イリジウムフレアと夏の星座

惑星の撮影はめんどくさいけど、晴れてさえいれば手頃にできる星空の撮影。
まずはイリジウムフレア2枚。ともに30秒撮影のものを2枚比較明合成。
赤い点がいくつも写ってるんだけど、ダークノイズのようだ。結構ひどいな。

Iridium01

Iridium02

続きを読む "イリジウムフレアと夏の星座" »

2017/07/10

今宵の木星と土星(おひさしぶり)

Jup_1916152017/7/9 19:16:15

梅雨らしいけどここ数日雨が降らないが、夜には曇ってしまうことも多く、惑星を撮る感じじゃなかった。
昨日は友達とカラオケ行ってたために、どんよりしてシーイング良さそうな空模様だったのに木星も撮れなければ、17時半のマイナス7等級というイリジウムフレアも見られなかった。
今日も夕方以降晴れだしたため、シーイングの良さを期待して久しぶりに望遠鏡をセット。

19時頃が日没で、18時台のまだまだ明るいうちに撮り始めたが、明るいうちは当然コントラストがダメ。
シーイングが良ければそれなりにきれいに写った経験もあるけど、思ったよりシーイングも期待はずれ。
大赤斑が見えてたからいいか。
何枚か撮った後にバッテリーが切れて来たので、急いで土星を一枚撮影して終了。

Sat_2026492017/7/9 20:26:49

2017/06/16

今宵の土星(マシ)

Sat_2318052017/6/16 23:18:05
C8, Celestron 2xBarlow, ASI224MC, AVX

久しぶりに惑星撮ってみた。
地表の風が落ち着き、上空も多少雲があったのでシーイングを期待したんだけど、木星はお話にならず。
ターゲットを衝を一日過ぎた土星に。
最初こそ高度も低く揺らいでいたが、木星よりはマシ。11時36分の南中時刻が近づくにつれてだいぶ改善してきた。満足いくシーイングじゃないけど、まあまあか。
大気による色分散はADC買わないことにはどうしようもないが、それでも今日はさほど目立たない。南中近かったからか?

昼過ぎから何度もヒョウ混じりの雷雨が降ったので、夜露も降ったけど、巻きつけフードのおかげで撮影には問題なし。鏡筒はちょっと濡れた。

より以前の記事一覧

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31